fc2ブログ

週刊菜っ葉 / 2022年3月26日号

ダブルヘッダー連敗
GBN開幕戦・プロパティーズ戦は初回先頭の金井が放った1安打のみで完封負け
ゴールドセレクションズ戦は2本の本塁打を浴びるなど16失点で大敗


プロパティーズ戦挨拶

26日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にプロパティーズさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第2節の試合をを行った。プロパティーズさんとは過去4度、GBN大会で対戦し、1勝3敗だ。2009年4月の同大会では、岡と大渕が本塁打を放つも、3-7で敗れている。2010年5月の同大会では、1-7で迎えた最終回裏、大渕の3点本塁打などで追い上げるが、5-7で敗戦。2012年7月の同大会では、3-5と2点ビハインドの4回表、村上に逆転3点本塁打が飛び出し、9-5と逆転勝ちを収めている。昨年6月の同大会では、12失点で大敗している。何とかGBN開幕戦を白星で飾りたいところだ。

1回表、先頭の金井が安打で出塁 先発安田 試合後エール

プロパティーズ戦

試合は初回表、先頭の金井が安打で出塁し、続く岡の死球で無死一・二塁の好機を作る。しかし、後続が凡退し、先制できず。その裏、4安打2四球で3点を先制される。3回表、二死無走者から岡が四球を選ぶが、後続が凡退、無得点。4回表、一死から伊藤幸が四球で歩くが、無得点に終わる。その裏、一死無走者から安打と四球などで一・三塁とされると、適時三塁打を浴び、0-5とリードを広げられる。6回表、先頭の岡が四球を選び、二盗に成功。一死後、牽制で二塁走者が刺され二死無走者に。その後、鎌田が打撃妨害で出塁するが、後続が凡退し、0-5のまま。その裏、2安打と2つの失策などで2点を失う。最終回表は3人で攻撃が終わり、0-7で完封負けを喫した。

先発安田は9安打3四球で7点を失い完投負け。打線のほうは初回先頭の金井が安打を放った後は無安打。ほとんど好機を作れなかった。守備は3失策。すべて失点に絡んでしまった。GBN大会は黒星スタート。プロパティーズ戦も1勝4敗となった。

ゴールドセレクションズ戦挨拶

このプロパティーズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にゴールドセレクションズさんを迎え、練習試合を行った。ゴールドセレクションズさんはメンバー全員が中学野球経験者以上で20代を中心とする強豪チームだ。ゴールドセレクションズさんとは2018年10月に一度対戦し、勝利している。2-6とリードされた6回表、制球に苦しむ2番手投手から7点を奪い逆転。その裏に2点本塁打を浴び1点差に迫られるが、逃げ切った。ただ、苦戦が予想された。

先発相澤 5回表、村松が安打を放つ 3回に登板の田中

ゴールドセレクションズ戦

試合は初回表、戸田・田中の連続四球などで一死一・三塁とし、先制の好機を作る。しかし、後続が凡退し、先制できず。その裏、2本の長短打に2四死球、3つの失策などで大量5点を先制される。2回表、伊藤永・鎌田の連続四死球から敵失で1点を返す。相澤の死球で満塁とすると、安田が犠飛を放ち、2-5とする。3回裏、4四球と適時二塁打で4点を失い2-9。4回裏、四球で走者を許すと、2点本塁打を浴び2-11とさらにリードを広げられる。5回表、一死から村松が安打で出塁するが、後続が凡退、無得点。その裏、本塁打を含む4安打と四球に失策も絡み4点を奪われる。6回表、山口と田中がそれぞれ四球を選ぶが、走塁ミスもあり無得点。その裏、2安打と2つの失策で1点を失い2-16。7回表、金井・岡・伊藤永の3連続四球で無死満塁。ここで鎌田が2点適時打を放ち、4-16とする。さらに村松の死球で再び満塁とする。一死後、外野ゴロの間に1点を奪うが、ここで時間切れ。5-16で大敗した。

7回表、鎌田が2点適時打を放つ 4回からマウンドに上がった伊藤永 試合後エール

先発相澤は2回を投げ、2安打2四死球で5点を失い敗戦投手。2番手の田中は制球に苦しみ、1回を投げて1安打4四球で4失点。3番手の伊藤永は4回からマウンドに上がり、3回を投げて7安打3四死球で7失点だった。一方、打線はわずか2安打。2回と7回は四死球で走者を出して、何とか得点につなげた。守備は7失策。大量失点につながってしまった。これでチームは4連敗。

9日(土)はGBN第2戦・EXODUS戦など2試合
岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、安田が通算600奪三振まであと9、信夫が通算100安打まであと9


9日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にEXODUSさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第3節の試合をを行う予定だ。EXODUSさんは1部に所属していた強豪で、東京都豊島区を中心に活動する平均年齢40代のチームだ。EXODUSさんとは昨年9月にGBN大会で対戦している。戸田が相手打線を4点に抑え完投するが、打線がわずか3安打、敵失で1点を奪うのが精一杯。1-4で敗れている。この試合は13:00より行われる。
このEXODUS戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にGENERALさんを迎え、練習試合を行う予定。GENERALさんは東京都新宿区を中心に活動し、GBN大会2014年関東3部で準優勝している強豪。GENERALさんとは過去4試合行い、1勝3敗だ。2012年5月に行われたGBN大会では、鎌田が2点本塁打を放つものの、6失策8四死球で自滅。3-9で敗れている。2015年5月の練習試合では、村上の2点適時打で先制するが、3-6で逆転負けを喫している。2017年6月のGBN大会では、6点を先制され、後半追い上げるが、3-7で敗れている。2019年4月のGBN大会では、3点を先制されるが、猪元が4打点をあげるなど9点を奪い逆転勝ちを収めている。GENERALさんとは今年、GBN大会で同組となっているが、両チームの申し合わせにより、この試合は練習試合として行われる。このGENERAL戦は15:00より行われる。
なお、岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、安田が通算600奪三振まであと9、信夫が通算100安打まであと9とそれぞれ迫っている。

週刊菜っ葉 / 2022年3月19日号

エイスマン戦は初回に2点本塁打を浴びるが、その後は投手陣粘投で無失点に抑える
打線は好機を作るものの得点を奪えず、降雨コールドで完封負け


エイスマン戦挨拶

19日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にエイスマンさんを迎えて、練習試合を行った。エイスマンさんは東京都三鷹市を中心に活動する、平均年齢40歳以上のチームだ。

初回裏、先頭の金井が二塁打で出塁 先発相澤 2回裏、先頭の鎌田が安打で出塁

エイスマン戦

試合は初回表、安打で走者を許すと、一死後に2点本塁打を浴び先制される。その裏、先頭の金井が二塁打で出塁する。しかし、後続が凡退し、無得点に終わる。2回裏、先頭の鎌田が安打で出塁するが、併殺で好機を潰す。4回表、二死無走者から安打と四球で一・二塁のピンチを招くが、牽制で二塁走者を刺し、無失点で切り抜ける。

4回裏、村松が安打を放つ 2回から登板の安田 4回裏、伊藤永が安打を放ち二死一・二塁

その裏、二死無走者から村松・伊藤永の連続安打で好機を作るが、後続が凡退、得点できず。0-2のまま迎えた6回裏、二死無走者から金井が四球で歩く。続く安田の安打と盗塁で二・三塁と一打同点の好機を作るが、後続が凡退し、無得点。7回表に入ると雨が激しくなり、二死一・二塁となったところで中断、このまま降雨コールドゲームとなり、0-2で敗れた。

6回裏、安田が安打を放つ 李くん娘 雨のためベンチ内で試合後エール

先発相澤は2回を投げ、4安打2失点で敗戦投手。2回から登板の安田は7回途中まで投げ、4安打2四球で6つの三振を奪い、無失点。打線のほうは散発5安打。4回には二死から連打が出て好機を作るが、得点を奪うことはできなかった。守備は無失策だった。

26日(土)はGBN開幕戦・プロパティーズ戦など2試合
岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、信夫が通算100安打まであと9


26日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にプロパティーズさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第2節の試合をを行う予定だ。プロパティーズさんとは過去4度、GBN大会で対戦し、1勝3敗だ。2009年4月の同大会では、岡と大渕が本塁打を放つも、3-7で敗れている。2010年5月の同大会では、1-7で迎えた最終回裏、大渕の3点本塁打などで追い上げるが、5-7で敗戦。2012年7月の同大会では、3-5と2点ビハインドの4回表、村上に逆転3点本塁打が飛び出し、9-5と逆転勝ちを収めている。昨年6月の同大会では、12失点で大敗している。何とかGBN開幕戦を白星で飾りたいところだ。この試合は13:00より行われる。
このプロパティーズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にゴールドセレクションズさんを迎え、練習試合を行う予定。ゴールドセレクションズさんはメンバー全員が中学野球経験者以上で20代を中心とする強豪チームだ。ゴールドセレクションズさんとは2018年10月に一度対戦し、勝利している。2-6とリードされた6回表、制球に苦しむ2番手投手から7点を奪い逆転。その裏に2点本塁打を浴び1点差に迫られるが、逃げ切った。ただ、苦戦が予想される。この試合は15:00より行われる。
なお、岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、信夫が通算100安打まであと9とそれぞれ迫っている。

週刊菜っ葉 / 2022年3月12日号

NEW ODDS戦は前半のリードを守れず逆転負け
NEW ODDS戦はまたも勝てず4戦4敗


NEW ODDS戦挨拶

12日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは城北中央公園でNEW ODDSさんと練習試合を行った。NEW ODDSさんは1994年結成の歴史あるチームで、以前、GBN1部に所属していた強豪チームだ。NEW ODDSさんとは過去3度対戦し、勝ったことがない。2007年3月の草魂カップでは、佐竹の本塁打や田中・大森の適時打などで4点を奪うが、2本の本塁打などNEW ODDSさんの強力打線が爆発し4-9で敗れている。2020年9月のGBN大会では、4-2でリードした最終回、守備の乱れなどで3点を失い、逆転サヨナラ負けを喫している。昨年8月の対戦では、猛暑の中、投壊・守乱で17点を失い大敗している。今回も苦戦が予想された。

先発相澤 2回表、伊藤幸が先制適時打を放つ 2番手の田中

NEW ODDS戦

試合は初回裏、二死満塁とされるが無失点で凌ぐ。2回表、打撃妨害などで二死二塁とすると、伊藤幸に適時打が出て、1点を先制する。その後も戸田の四球と暴投で二・三塁とするが、追加点は奪えず。その裏、打撃妨害と失策などで一死一・二塁のピンチを招くが、二飛併殺で切り抜ける。3回表、相澤の内野安打と山口の二塁打で無死二・三塁の好機を作る。2つの内野ゴロで2点を追加し、3-0とリードを広げる。4回表、先頭の鎌田が安打で出塁。一死後、伊藤幸が四球で歩き、一・二塁とする。しかし、後続が凡退し無得点に終わる。

4回表、先頭の鎌田が安打で出塁 4回から登板の信夫 6回表、伊藤永が適時打を放つ

その裏、二塁打と4四死球で2点を失い、1点差に迫られる。5回裏、3四死球に失策、2点適時打などで3点を奪われ、逆転される。6回表、岡が四球を選び、二盗に成功。さらに暴投で三進すると、伊藤永が適時二塁打を放ち、4-5と1点差に追い上げる。二死後、盗塁と伊藤幸の四球で一・三塁とし一打同点、長打が出れば一打逆転の場面を作るが、後続が凡退、得点できず。その裏、3四球で満塁とされると3本の長短打を浴び4点を奪われたところで時間切れ。4-9で逆転負けを喫した。

6回にマウンドに上がった伊藤永 美女2人組 試合後エール

先発相澤は2回を投げ、1安打2四球で無失点。2番手の田中は1回を3人で打ち取った。4回から登板の信夫は2回を投げ、2安打7四死球で5点を失い、敗戦投手。6回に登板の伊藤永は一死も取れず3安打3四球で4失点だった。打線のほうは5安打。伊藤永・鎌田・相澤にそれぞれ安打が出て、好調をキープした。守備は2失策だった。これでNEW ODDS戦は4戦4敗となった。

19日(土)はエイスマン戦
岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、信夫が通算100安打まであと9


19日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にエイスマンさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。エイスマンさんは東京都三鷹市を中心に活動する、平均年齢40歳以上のチームだ。この試合は15:00より行われる。
なお、岡が通算500安打まであと4、信夫が通算200奪三振まであと6、戸田が通算100奪三振まであと7、信夫が通算100安打まであと9とそれぞれ迫っている。