FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2010年5月29日号

GBN・プロパティーズ戦は大渕の2号3ランなどの猛反撃もすでに遅く、決勝トーナメント進出は絶望的に
田中がチーム史上4人目の通算200打点を達成


プロパティーズ戦挨拶

29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にプロパティーズさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第4節の試合を行った。プロパティーズさんとは昨年4月に同大会で対戦し、岡のソロ本塁打で先制するも中盤に7失点、3-7で敗れている。現在、GBNは1勝2敗で早くも崖っぷち。決勝トーナメント進出のためには、残り試合を全勝しなければならない。

先発田中 2回裏、布山が9試合ぶりの安打を放つ 1回表、投ゴロで二塁走者が飛び出し、アウトにする

プロパティーズ戦

試合は初回表、2失策から適時二塁打を浴び、2点を先制される。2回裏、佐藤・布山の安打と敵失で無死満塁の好機を作る。しかし後続が凡退し、無得点に終わる。4回表、犠飛で1点を追加され0-3とされる。その裏、先頭の佐藤が二塁打で出塁する。一死後、布山の四球と暴投で二・三塁とするが、またも無得点に終わる。5回裏、一死から金井の死球と田中の安打で一・二塁。ここで大渕に適時打が出て1点を返す。6回表、二死無走者から四球と盗塁、適時二塁打で1点を追加され1-4。7回表には2本の二塁打に3四球、野選や犠飛などで3点を奪われ1-7と突き放される。しかしその裏、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは怒涛の反撃を開始する。

4回表、金井がフライを好捕 4回裏、先頭の佐藤が二塁打を放つ 最終回裏、大渕が2号3ランを放つ

先頭の信夫が安打で出塁し、続く金井も安打で続く。暴投で二・三塁とすると、田中に適時打が出て2-7。さらに大渕が2号3点本塁打を放ち2点差に迫る。しかし、反撃もここまで。結局、5-7で敗れた。先発田中は6回を投げ、9安打を浴び7失点で敗戦投手。救援の信夫は1回を投げ2与四球。打線のほうは10安打を放った。好機を作るものの、あと1本が出ない状況だった。2回の無死満塁、4回の一死二・三塁で得点できなかったことが最後まで響いた。ただ、最終回の4連打は素晴らしかった。守備のほうは5失策。そのうち3つが失点につながった。これでGBNは1勝3敗となり、決勝トーナメント進出は絶望的となった。これでチームも5連敗。なお、この試合で田中が通算200打点を達成した。通算200打点はチーム史上4人目。

3安打の田中 走毅 試合後エール

5日(土)はGBN第5節・ウイニングチケット戦など2試合
村岡が通算100安打まであと2、岡が通算400盗塁まであと3


5日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にウイニングチケットさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第5節の試合を行う予定だ。ウイニングチケットさんとは過去2試合、同大会で対戦して2勝負けなしだ。初対戦となった2002年8月の試合では、田中が完封し4-0で勝利している。2007年3月の試合では、10安打・20盗塁で18-0と大勝している。今までの2試合とも失点はゼロだが、全く油断できない。現在GBNは1勝3敗。ここ3年間は3勝4敗に終わっている。昨年までの成績を上回るためには、もう一つも落とせない。この試合は15:00より行われる。
このウイニングチケット戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にリガヤーズさんを迎え、練習試合を行う予定。リガヤーズさんは杉並区を中心に活動する、平均年齢24歳の今年結成されたチームだ。この試合は17:00より行われる。
なお、村岡が通算100安打まであと2、岡が通算400盗塁まであと3とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する