FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2009年4月5日号

練馬区大会は辛くも逃げ切り、ベスト16入り
東京パンツ戦は完封負け、GBNは開幕2連敗


4日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは大泉中央公園で東京パンツさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部C組第2節の試合を行った。東京パンツさんとは昨年に引き続きGBN大会で同リーグとなった。昨年6月の対戦では、4-2で勝利している。GBN開幕戦を落とし、早くも負けられない状況となっている。まずGBN初勝利をあげ、今後の戦いに弾みをつけたいところだ。

東京パンツ戦挨拶
東京パンツ戦

試合は初回表、敵失で無死二塁とするが後続が凡退し、無得点に終わる。その裏、3本の長短打と失策で3点を先制される。その後、互いに無得点が続き迎えた5回表、一死から佐藤と阿曽の連続安打で一・二塁とする。しかし、またも後続が凡退し、得点を返せない。その裏、2安打に2四死球、さらに2つの失策が絡み3点を追加される。結局、このまま0-6で完封負けを喫した。

先発田中 この日2安打の阿曽 救援の信夫

先発田中は5回を投げ、6安打を浴び6失点だが、自責点は1。救援の信夫は無得点に抑えた。一方、打線のほうはわずか3安打。阿曽が2安打を放ち、気を吐いた。これでGBNは開幕2連敗。早くも決勝トーナメント進出に黄信号が灯った。

翌5日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは北大泉野球場で練馬BUNBUN丸さんと練馬区3部春季大会3回戦の試合を行った。先日、春としては初の2勝目をあげた。しかも2試合連続コールド勝ち。この勢いで2004年秋季大会以来の4回戦進出を目指したいところだ。

練馬BUNBUN丸戦挨拶
練馬BUNBUN丸戦

試合は初回表、先頭の村岡が四球を選び、捕逸と盗塁で二死三塁とする。ここで佐藤に適時打が出て、1点を先制する。2回表、一死から大渕が二塁打を放つ。田中の死球、村岡の四球などで二死満塁とすると、再び捕逸で1点を追加する。

先制打の佐藤 初回裏、金井が村岡と接触しながらもフライを好捕 大渕が捕逸で生還

3回表、敵失と盗塁などで一死二塁とすると、布山の適時二塁打で1点。暴投で三進し、敵失で4-0とする。4回表、先頭の村岡が四球で出塁し、二盗に成功。一死後、捕逸で三進すると、佐藤の内野ゴロの間に1点を追加する。その裏、3連続安打で1点を返され、さらに失策で1点をを失い、5-2と3点差に迫られる。

バッターボックスに砂を入れる山崎 適時二塁打を放った布山 先発の田中

5回表、金井・大渕の連続四球に信夫の死球、村上の押し出し四球で1点を加える。さらに伊藤の打球は捕手前の小フライとなりインフィールドフライと宣告されるが、捕手が捕れずワンバウンド。打球を拾った捕手は本塁を踏み一塁に送球するが、すでに打者はアウトでフォースの状態ではないため、三塁走者の大渕が生還し再び5点差とする。

  伊藤のインフィールドフライが相手守備の混乱を招き7点目   ピンチを迎えマウンド上に集まる内野陣

前日に続いて先発した田中はここまで、5安打を浴びるものの2失点と好投。しかし、事実上最終回となった5回裏、先頭から立て続けに4人を四球で歩かせてしまい、1点を失う。田中は一死も取れずに信夫にスイッチする。しかし、いきなり2点適時二塁打を浴びて、7-5と2点差まで追い上げられる。一死後、左前安打を浴びてしまう。三塁走者は生還するが、同点となる二塁走者は三塁に止まる。二盗され、一死二・三塁。一打サヨナラの絶体絶命の大ピンチだ。しかし、ここで信夫は次打者を三振に打ち取り、二死とする。しかし、ピンチは変わらない。結局、最後は三塁ゴロに打ち取り、7-6で辛くも逃げ切った。田中は今季3勝目、信夫に初のセーブがついた。

 好救援で初セーブの信夫  ゲームセットの瞬間

打線はこの日もわずか3安打。しかし、この3安打がすべて得点に絡んだ。また、11四死球を選び、試合を優位に進めた。これで、練馬区大会は2004年秋季大会以来の4回戦進出でベスト16入り。春季大会としては、初の3勝だ。4回戦は12日(日)に行われ、勝楽園グリーンズさんと準々決勝進出をかけ激突する。

12日(日)は練馬区大会4回戦・勝楽園グリーンズ戦

12日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは東台野球場で勝楽園グリーンズさんと練馬区3部春季大会4回戦の試合を行う予定だ。春季大会としては初の3勝、ベスト16に入った。この勢いで2004年秋季大会を超える4勝をあげ、ベスト8に進出したい。この試合は14:00より行われる。

  試合後エール   ベンチ内
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する