fc2ブログ

週刊菜っ葉 / 2021年5月29日号

シルバーフォックス戦は10失点、わずか2安打で1点しか奪えず大敗

シルバーフォックス戦挨拶

29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園でシルバーフォックスさんと練習試合を行った。シルバーフォックスさんは平均年齢40代で年間100試合以上行っているチームだ。シルバーフォックスさんとは過去4回対戦し、2勝2敗の五分だ。2008年10月の初対戦では、9イニング制で壮絶な点の取り合いとなった。最後は佐藤、村岡までマウンドに上がるという総力戦となり、16-10で勝利している。2017年9月の対戦では、初回に伊藤永の犠飛で先制するものの相手投手の緩急に全く合わずわずか3安打。2回以降、相手打線の猛攻に合い、1-6で敗れている。2018年5月の対戦でも、わずか3安打と完全に抑え込まれ、0-5と完敗している。今年4月の対戦では、投打がかみ合い、8-3で勝利している。

1回表、猪元が内野安打を放ち二死満塁 先発田中 5回表、宮崎が二塁打を放つ

シルバーフォックス戦

試合は初回表、二死無走者から伊藤永・伊藤幸の連続四球と猪元の内野安打で満塁とする。しかし、後続が凡退し、先制できず。その裏、振り逃げから2つの失策と四球、犠飛、適時内野安打などで4点を先制される。2回表、先頭の宮崎が四球を選ぶが、後続が凡退し、無得点に終わる。その裏、死球と2安打で2点を失い0-6とリードを大きく広げられる。3回表、先頭の金井が四球で歩く。二盗に成功し二死後、敵失で一・三塁とする。ここで二盗を試み、捕手の二塁への送球が悪送球となり、三塁走者が生還、1点を返す。5回表、一死から宮崎が二塁打で出塁するが、後続が凡退、無得点。その裏、1安打と5四球で4点を失う。結局、6回裏終了時で時間切れとなり、1-10で大敗した。

2番手の信夫 試合後エール 3番手の相澤

先発田中は2回を投げ、3安打2四死球で6点を失い、敗戦投手。2番手の信夫は3回を投げ、1安打7四球で4失点。3番手の相澤は1回を投げ、1四球で無失点に抑えた。打線のほうはわずか2安打。走者を得点圏に進めたのも1回・3回・5回だけで、ほとんど好機を作れなかった。守備は2失策で2つとも初回に集中。大量失点につながった。これでシルバーフォックス戦は2勝3敗と黒星が1つ先行した。

19日(土)は5年ぶりのグリフィンズ戦
金井が通算200安打まであと2


19日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは東台野球場でグリフィンズさんと9イニング制の練習試合を行う予定だ。グリフィンズさんとは2016年6月に一度対戦し、点の取り合いとなるが、6-11で敗れている。この試合は15:00より行われる。
なお、金井が通算200安打まであと2と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する