fc2ブログ

週刊菜っ葉 / 2021年5月22日号

東京イーグルス戦はわずか2安打、守備も崩壊、初回大量9失点で勝負あり
田中が通算500奪三振を達成


東京イーグルス戦挨拶

22日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に東京イーグルスさんを迎えて、練習試合を行った。東京イーグルスさんは韓国籍の方々で結成されたチームだ。東京イーグルスさんとは過去3度対戦しており、いずれも勝利している。2013年9月の対戦では、岡の2ランと三井の満塁弾の2本の本塁打で6点をあげ、6-4で勝利している。2017年12月の9回制の練習試合では、15安打17四死球で27得点を奪い大勝している。2019年11月の9回制の練習試合でも、16安打25得点で大勝している。

1回裏、先頭の信夫が二塁打で出塁 先発相澤 2番手で登板の田中が通算500奪三振を達成

東京イーグルス戦

試合は初回表、5安打4四死球に3つの失策が絡み、打者15人を送られ大量9点を先制される。その裏、先頭の信夫が二塁打で出塁。さらに村上の四球と佐藤の打撃妨害で無死満塁の好機を作る。一死後、猪元が適時二塁打を放ち、2点を返す。2回表、4連続四死球と2点適時打で2-12とされる。その裏、二死無走者から相澤が四球で歩くが、後続が凡退し、無得点に終わる。3回裏、一死から敵失と四球、盗塁などで一・三塁とする。しかし、後続が凡退、無得点。4回表、2四球から適時打を浴び、1点を失う。その裏、二死無走者から鎌田・岡の連続四球と重盗で二・三塁とするが、後続が凡退し、得点を奪えず。5回表、2四球と2本の二塁打で2点を奪われ2-15とリードを大きく広げられる。その裏、敵失から信夫が四球を選んで無死一・二塁となったところで時間切れ。2-15で大敗した。

1回裏、猪元が適時二塁打を放つ 試合後エール 3番手の信夫

先発相澤は2回を投げ、6安打8四死球で12点を失い、敗戦投手。2番手の田中も2回を投げ、1安打2四球1失点だった。なお、田中は5回表にチーム史上二人目の通算500奪三振を達成した。5回にマウンドに上がった信夫は1回を2安打2四球で2失点だった。一方、打線のほうは初回の2安打だけ。2回以降は無安打に終わり、四球で走者を出すものの要所を抑えられ、得点を奪えなかった。守備は4失策、そのうち3つが初回に集中し、大量失点につながってしまった。これで東京イーグルス戦は1勝3敗となった。

29日(土)はシルバーフォックス戦
金井が通算200安打まであと2


29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園でシルバーフォックスさんと練習試合を行う予定だ。シルバーフォックスさんは平均年齢40代で年間100試合以上行っているチームだ。シルバーフォックスさんとは過去4回対戦し、2勝2敗の五分だ。2008年10月の初対戦では、9イニング制で壮絶な点の取り合いとなった。最後は佐藤、村岡までマウンドに上がるという総力戦となり、16-10で勝利している。2017年9月の対戦では、初回に伊藤永の犠飛で先制するものの相手投手の緩急に全く合わずわずか3安打。2回以降、相手打線の猛攻に合い、1-6で敗れている。2018年5月の対戦でも、わずか3安打と完全に抑え込まれ、0-5と完敗している。今年4月の対戦では、投打がかみ合い、8-3で勝利している。この試合は13:00より行われる。
なお、金井が通算200安打まであと2と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する