FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2020年11月28日号

プレアデス戦は劣勢の下馬評を覆し善戦
3回から救援の安田が好投、後半追い上げるも惜敗


プレアデス戦挨拶

28日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園にプレアデスさんを迎えて、9イニング制の練習試合を行った。プレアデスさんは30~60歳と幅広い年齢層の強豪チーム。プレアデスさんとは2018年4月に1度対戦している。この時は投手陣が崩壊、24点を失い、1試合最多失点の記録を16年ぶりに塗り替えている。打線もわずか3安打で3-24で大敗している。今回もかなりの苦戦が予想された。

1回裏、村松が適時打を放つ 先発田中 6回裏、安田が安打を放つ

プレアデス戦

試合は初回表、2安打に失策が絡み2点を先制される。その裏、敵失から二死三塁とすると、村松に適時打が出て、1点を返す。2回表、3四死球に失策、暴投などで2点を奪われ1-4とされる。3回裏、二死無走者から金井が四球を選ぶが、後続が凡退し、無得点に終わる。5回裏、先頭の佐藤が安打で出塁するが、2つの三振などで好機を潰してしまう。6回表、3安打で2点を失い、1-6。その裏、一死から安田の安打と相澤の四球、敵失で満塁とする。ここで金井が適時打を放ち1点を返す。7回表、2安打で無死一・二塁のピンチを招くが、無失点に抑える。

5回裏、先頭の佐藤が安打で出塁 3回から登板の安田 6回裏、金井が適時打を放つ

その裏、一死から信夫の死球と敵失などで一・三塁と好機を作るが、後続が凡退、無得点。8回裏、敵失と安田・相澤の連続死球などで一死満塁とし、暴投で1点。二死後、金井の死球で再び満塁とするが、後続が凡退し、追加点は奪えず。9回表、二死無走者から安打と敵失、暴投で二・三塁とされるが、失点で凌ぐ。その裏、先頭の山口が二塁打で出塁し、暴投で三進。内野ゴロの間に生還し、4-6と2点差に迫る。さらに信夫が四球で歩き、二盗に成功。その後も二死三塁とするが、あと1本が出ず、4-6で敗れた。

9回裏、先頭の山口が二塁打で出塁 9回に登板の信夫 試合後エール

先発田中は2回を投げ、2安打3四死球で4点を失い敗戦投手。3回から登板の安田は5回を投げ、8安打を浴びるものの無四球で2失点に抑える好投を見せた。3番手の信夫は1回を投げ、1安打無失点だった。打線のほうは5安打。そのうち2本は適時打となったが、相変わらずあと1本が出ない状況が続いている。守備は4失策だった。これでプレアデス戦は2戦2敗となった。

5日(土)は今季最終戦・グローリーズ戦
戸田が通算100打点まであと4、金井が通算200安打まであと8


5日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にグローリーズさんを迎えて、今季最終戦となる9イニング制の練習試合を行う予定だ。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチーム。グローリーズさんとは過去27試合行い、13勝11敗3引き分け。勝ち越してはいるが、ほとんどが接戦だ。2018年12月の対戦では、2点を先制されるものの、6回表に3点を奪い逆転に成功。しかしその裏、2点を失って逆転され、そのまま3-4で敗れた。昨年3月の対戦では、2-6とリードされるものの、終盤に4点を返し6-6で引き分けている。今年2月の対戦では、2回を終わって7-8と壮絶な点の取り合い。6回表に1点を奪い8-8の同点とすると、7回表にも3点を奪い11-8と勝ち越しに成功。しかし、その裏に1点を失い2点差とされると、最終回となった8回裏、2点本塁打などで3点を奪われ、11-12で逆転負けを喫した。今年10月のダブルヘッダーでは、第一試合は2-8で大敗するも、第二試合では2-3で迎えた最終回裏、2点を奪い逆転サヨナラ勝ちを収めている。今回も接戦が予想される。
なお、戸田が通算100打点まであと4、金井が通算200安打まであと8とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する