FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2018年12月23日号

2018年度納会!
鎌田は5度目の三冠王ならず、首位打者・打点王の二冠
岡が10月から欠場にもかかわらず盗塁王を死守、本塁打王と合わせ二冠


全員写真

23日(日・祝)、ホテル第一イン池袋・宴会場「アゼリア」で2018年度ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズ納会が行われた。今回は過去最少の8名の出席となった。田中の乾杯で納会はスタート。その後、個人タイトルの発表ならびに表彰式が行われた。

乾杯の挨拶 乾杯

注目の打撃4冠だが、首位打者は.400で鎌田が獲得した。鎌田の打率4割は6年ぶり2度目。今季は伊藤幸が5月まで打率4割をキープ、金井が後半追い上げたが、終始安定した成績を上げた鎌田が規定打席もクリアし、2年連続5度目の首位打者となった。本塁打王は岡。3月に記録したランニング本塁打1本だけで、その後チーム内では1本出ず、2年ぶり6度目の本塁打王を受賞した。打点王は鎌田。開幕8試合で15打点を荒稼ぎしていた伊藤幸が大失速。その後、わずか3打点しか上積みできなかった。鎌田は夏頃から打点を重ねて9月に追いつき、最終的には伊藤幸を逆転し、21打点で2年連続5度目の打点王を獲得した。最後まで大混戦だったのが盗塁王だ。盗塁王といえば、岡の指定席。しかし、その岡が10月にケガで離脱し、盗塁数19のままストップした。その後、安田と猪元が盗塁数を増やしていったが、二人とも18盗塁までしか伸ばせず、岡が10年連続15度目の盗塁王となった。

賞品の選択 タイトルホルダー二人 

そのほかのタイトルだが、最多安打、最優秀出塁率など6つのタイトルを金井が獲得。最多安打は今季最終戦で2本の安打を放ち、鎌田を逆転した。また出塁率は昨年の.474を上回る.548を記録した。最多犠打は2で安田が獲得した。

ムードメーカー賞 監督賞 店員がオープン

出席者が極端に少なかったため、ほかに催し物もなく「有馬記念残念会」として3時間が過ぎ去っていった。

歓談中 村上の締め 

最後はもちろん、村上の締め。今年も出席者の少なさからか昨年と同様、普通の「ロング・ヴァージョン3本」で2018年を締めくくった。

三本締め 二次会終了後

これでザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは2018年度の全日程を終了し、2019年2月23日(土)に行われる予定の開幕戦までチームとしての活動は休止状態となる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する