FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2018年10月27日号

メンバー全員経験者のゴールドセレクションズ戦は4点ビハインドも2番手投手から一気に7点を奪い逆転勝ち

ゴールドセレクションズ戦挨拶

27日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にゴールドセレクションズさんを迎えて、練習試合を行った。ゴールドセレクションズさんは松村代表がインターネットでメンバーを募集し、一から作ったチームだ。結成して1年も経っていないが、メンバー全員が中学野球経験者以上という強豪チームだ。

4回表、山口が安打を放つ 先発安田 4回表、金井が内野安打を放つ

ゴールドセレクションズ戦

試合は2回裏、4本の長短打に四球が絡み、4点を先制される。3回まで一人の走者も出せなかったが4回表、一死から山口が安打を放つ。続く金井が内野安打を放ち一・二塁。ボークで二・三塁とすると、内野ゴロの間に1点を返す。猪元が四球でつなぐと、鎌田に適時打が出て2-4とする。その裏、先頭打者に安打を許すが、右ゴロと2つの三振で無失点に抑える。5回裏、一死から打撃妨害と内野安打で一・二塁のピンチを招く。重盗で二・三塁とされ、内野ゴロの間に2点を失い2-6とリードを広げられる。6回表、先頭の村上が四球で歩く。一死後、金井の四球と安田の死球で満塁とする。敵失で1点を奪い、さらに暴投で1点。鎌田の四球で再び満塁とすると、信夫が押し出し四球を選び5-6と1点差に迫る。その後も内野ゴロの間に三塁走者が生還し6-6の同点に追いつく。ここで村岡が勝ち越しとなる2点適時二塁打を放ち、8-6。その後も敵失で1点を追加。この回打者13人を送り、大量7点を奪う。その裏、失策で走者を許し、2点本塁打を浴び1点差に迫られる。結局、7回表終了時で時間切れとなり、9-8で勝利した。

4回表、鎌田が適時打を放つ 試合後エール 6回表、村岡が勝ち越し2点適時二塁打を放つ

先発安田は相手強力打線から7安打を浴び、1四球5奪三振。8失点ながら今季14勝目をあげた。一方、打線のほうは4安打。そのうち3本を4回表に集中し、2点を奪った。相手投手が代わった6回表には7四死球に2つの敵失で走者を出し、この回に放った安打は村岡の二塁打だけだったが一挙7点を奪い、逆転勝ちにつなげた。ただ、相手先発投手が続投していたら完敗の内容だった。守備は2失策。特に外野手は安打性の当たりを何本か好捕し、大量失点のピンチを免れた。

10日(土)はGBN決勝トーナメント1回戦・アットノース戦
村上と伊藤幸が通算200打点まであと5、田中が通算500安打まであと7


10日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズはガス橋緑地でアットノースさんとGBN2018年度春季決勝トーナメント1回戦の試合を行う予定だ。アットノースさんは東京都大田区を中心に活動するチームだ。アットノースさんは3勝2敗(不戦勝3つ含む)でGBN関東大会メジャーリーグ3部B組2位とし、決勝トーナメントに勝ち上がってきた。東京ドームまであと3勝。まずはこの試合に勝利したいところだ。この試合は14:00より行われる。
なお、村上と伊藤幸が通算200打点まであと5、田中が通算500安打まであと7とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する