FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2008年12月21日号

佐竹がチーム史上初の4冠王
大渕が本塁打王を佐竹と分け合う


全員写真

21日(日)、ホテル第一イン池袋・宴会場「アゼリア」で2008年度ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズ納会が行われた。今回は16名が出席(子供を入れると20名)した。家族連れで参加する選手も増えてきたため、今年は昼12時開始となった。まず、村岡の乾杯で納会はスタート。そして、個人タイトルの発表ならびに表彰式が行われた。

村岡乾杯 4冠王の佐竹本塁打王の大渕

なんと、佐竹が首位打者・本塁打王・打点王・盗塁王のすべてを獲得し、チーム史上初めて打撃4冠を達成した。打率は.365で、山崎とのデッドヒートを制した。今季最終戦の山崎の最終打席、三塁手頭上への強烈なライナーを相手三塁手がジャンピングキャッチ。あの当たりが安打になっていれば、山崎は佐竹の打率を5厘上回り、3年連続の首位打者となっていた。佐竹は6年ぶり2度目の首位打者。打点は22で、3年ぶり2度目の受賞。盗塁は37で、猛追する岡を振り切り、6年ぶり2度目のタイトル獲得。岡の盗塁王は5年連続でストップした。本塁打は4本で、佐竹のほか大渕も本塁打王を獲得した。佐竹は2年連続4度目の本塁打王。大渕は5年ぶり3度目の獲得だ。打撃4冠のほかは、山崎が3年連続で最優秀出塁率のタイトルを獲得。しかも3年連続出塁率5割台は本当に素晴らしい記録だ。ただ、2008年は佐竹の年だったといっても過言ではない。2009年は他の選手達に奮起してもらいたい。もちろん、佐竹にも2年連続4冠王を狙ってほしい。

信夫入団挨拶 金井入団挨拶

また、新入団選手2名の発表が行われた。来年1月1日付けで入団が決まった信夫と、11月に入団した金井がそれぞれ来年に向けての抱負を熱く語った。その中で信夫が「生年月日は1990年×月×日で…」と口にしたときには驚愕の声が上がり、チーム初の平成生まれプレーヤーが誕生した。その直後に会見した金井は自分の生年月日について全く触れなかった。そして、昨年の出産ブームとまではいかなかったが、今年は村岡・大渕・桑山の3選手に子供が誕生したことも改めて報告された。

かおり_あやっぺユーコGM_かなこ

続いて、毎年恒例のナッパ・レディース会企画。今年は「哺乳びん早飲みゲーム」が行われた。牛乳を飲むチーム・コーラを飲むチーム・オレンジジュースを飲むチームの3チームに全選手を分け、それぞれを哺乳びんで飲み干し、リレーしていくゲームだ。

哺乳瓶早飲み1 哺乳瓶早飲み2

なんだかんだ言いながら選手達は舌を巧みに使い、吸いまくった。結局、牛乳を飲むチームが優勝した。優勝チームの村岡・田中・岡・阿曽の4人は、あやっぺ特製「手作りおっぱいチョコ」を見事獲得した。真剣な表情でプレーする選手達の姿を見て、ナッパ・レディース会のメンバーは非常に満足げな表情を浮かべていた。

哺乳瓶早飲み優勝 手作りおっぱいチョコ

もちろん、最後は村上の締め。「来年は不惑の年になりますが…フル・ヴァージョンで」と威勢良く始めたものの、他の参加者はフル・ヴァージョンの意味がわからず、やり直しとなった。最終的には例年通り「スペシャル・ロング・ヴァージョン3本」で2008年を締めくくった。

村上の締め  ナッパ・レディース会

これでザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは2008年度の全日程を終了し、2009年2月半ばに行なわれる開幕戦までチームとしての活動は休止状態となる。

ビールを飲む村上ビールを飲む佐藤ビールを飲む金井

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する