FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2018年8月25日号

GBN最終戦は事実上の1位決定戦!
ケンウッドパワーズ戦は安田が快投、1安打無四球で完封勝利
初回の1点を守り切り、GBN参戦17年目にして初の決勝トーナメント進出決定!


ケンウッドパワーズ戦挨拶

25日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にケンウッドパワーズさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第6節の試合を行った。ケンウッドパワーズさん練馬区を中心に活動し、昨年まで2部に所属していたチームだ。現在、ケンウッドパワーズさんは同リーグ2勝1敗で暫定2位。一方、こちらは3勝1敗で暫定首位に立っている。事実上のの首位決戦だ。ただ、この試合が不戦敗にならなければ、決勝トーナメント進出が決定する。しかし、この先の決勝トーナメントを考えた場合、首位通過するためには絶対に勝利しなければならない一戦だ。

適時打を含む2安打の鎌田 1安打完封の安田 2回表、村上が二塁打を放ち一死二・三塁

ケンウッドパワーズ戦

試合は初回表、二死無走者から伊藤永が四球で歩く。牽制悪送球で二進すると、鎌田に適時打が出て1点を先制する。その裏、二死から安打を浴び暴投で二塁まで走者を送られるが、無失点に抑える。2回表、先頭の猪元が四球を選び、二盗と三盗に成功。しかし、内野ゴロの間に本塁を狙うが、憤死する。続く村上が二塁打を放ち、一死二・三塁と追加点の好機。しかし、後続が凡退し無得点に終わる。3回表、一死から鎌田が安打で出塁するが、併殺で好機を潰してしまう。その裏、先頭打者が二塁後方への飛球を打ち上げる。外野手の前に落ちるかと思われたが、二塁手の伊藤永がダイビングキャッチ。先頭打者を打ち取る。続く打者も失策で出塁したかと思われたが、一瞬二塁を伺う素振りを見せて転倒。タッチし出塁を許さなかった。その後、互いに三者凡退を繰り返して迎えた7回表、一死から猪元が三塁打を放つ。この回に2点目をとれば、勝利がグッと近づく。ここでスクイズを試みるが、失敗。無得点に終わる。チームに嫌なムードが広がる。1-0のまま迎えた7回裏、投ゴロ2つと三飛に打ち取り、初回の1点を守り切り勝利した。

7回裏、猪元が三塁打を放つ 試合後エール スコアボード

先発安田は絶好調。相手打線をわずか1安打に抑え無四球。4回以降は一人の走者も出さず完封勝利。打線のほうは散発4安打。このうち2本を鎌田が放った。3回以降は走者を出しても併殺やスクイズ失敗などで実質3人で攻撃を終わっていた。初回二死無走者から1点をあげ、最終的にはそれが決勝点となった。守備のほうは3失策。特に3回の守りは一つ間違えば大量失点につながっていた。伊藤永の好捕、相手打者の転倒の後もさらに失策があったため、無死満塁のピンチを招いていた可能性もあった。これでGBN大会は4勝1敗で全日程を終えた。他チームはすべて2敗以上となり、リーグ1位が確定した。GBN大会参戦17年目にして、初の決勝トーナメント進出となった。

8日(土)は子羊SHEEPS戦
安田が通算400奪三振まであと1、村上と伊藤幸が通算200打点まであと5


8日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に子羊SHEEPSさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。子羊SHEEPSさんは結成8年目のチームだ。この試合は13:00より行われる。
なお、安田が通算400奪三振まであと1、村上と伊藤幸が通算200打点まであと5とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する