FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2018年3月31日号

GBN開幕戦・Team Someday戦は序盤に守乱でリズム崩し完敗
相手速球投手に走者を出すものの要所を締められ12三振、13残塁


Team-Someday戦挨拶

31日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にTeam Somedayさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第2節の試合を行った。Team SomedayさんはかつてGBN1部に所属していた強豪チームだ。Team Somedayさんとは昨年8月に同大会で対戦している。8点差をつけて勝利すれば決勝トーナメントに進出するという大一番だった。2-2で迎えた4回表、守備が崩壊し4点を失う。その後、5-6まで追い上げるが最終的には5-8で敗れている。苦戦が予想されるが、失点を少なくし接戦に持ち込みたい。

1回表、先頭の金井が安打で出塁 先発安田 2本の適時打を張った伊藤永

Team-Someday戦

試合は初回表、先頭の金井が安打で出塁し、二盗。さらに二塁への送球がそれ、一気に三塁まで進む。一死後、伊藤永の適時打で先制する。暴投と盗塁、鎌田の内野安打で一死一・三塁とし、伊藤幸が四球を選び満塁。しかし、後続が凡退し追加点は奪えなかった。その裏、2安打と死球で満塁とされ、犠飛で同点に追いつかれる。さらに適時打と2つの失策、暴投で1-4と逆転を許す。2回表、先頭の相澤が四球で出塁。続く安田の安打で一・二塁とする。金井が死球を受け、無死満塁と好機を広げる。一死後、伊藤永の内野安打で1点を返す。なお満塁の好機が続くが、後続が凡退し2-4のまま。

1回表、鎌田が内野安打を放つ 2回表、安田が安打を放つ 4回表、伊藤幸が適時二塁打を放つ

その裏、2失策などで無死一・三塁のピンチを招く。適時打で1点を失い2-5と再び3点差となってしまう。3回表、戸田・田中の連続安打で無死一・二塁とする。暴投などで二死二・三塁とするが、後続が凡退し、無得点。4回表、先頭の岡が四球で歩き、二盗・三盗に成功する。二死後、伊藤幸の適時二塁打で3-5とする。その裏、2本の二塁打で1点を奪われる。5回表、二死無走者から金井の死球と敵失で好機を作るが、後続が凡退し、無得点に終わる。その裏、安打と四死球などで二死満塁とされ、押し出し四球で1点を失う。さらに内野安打で二人が生還、3-9とされてしまう。6回表も無得点に終わり、3-9でGBN開幕戦を落とした。

3回表、先頭の戸田が安打で出塁 3回表、田中が安打を放つ 試合後エール

先発安田は9安打5四死球、9失点で敗戦投手。打線のほうは相手速球投手に対して8安打を放ったが、12三振を喫した。走者は出すものの、相手投手に要所を締められ、13残塁を記録した。守備は4失策。4つすべてが2回までで、失点に絡み安田の足を引っ張ってしまった。この序盤の守備の乱れが大きくリズムを崩す要因となった。GBNは黒星スタート。決勝トーナメント進出のためには残り試合全勝しないと厳しい状況となった。

7日(土)はGBN第2戦・アカネッツ戦
鎌田が通算100打点まであと1


7日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは浮間公園でアカネッツさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部A組第1節の試合を行う予定だ。アカネッツさんとはGBN大会で過去3試合行い、2勝1敗。2014年3月の同大会は諸事情により不戦勝となり、急遽練習試合となった。5回までは2-2の同点だったが、6回以降に満塁本塁打などで大量失点し、2-10で大敗している。2016年4月の同大会では、初回に8四球を選び5点を先制。2回に2点本塁打を浴びるものの、着実に加点し10-2で勝利した。昨年5月に行われた同大会では、岡と佐藤の適時打であげた2点を安田が無四球完封で守り切り、2-0で勝利している。このGBN第2戦、何とか初勝利を目指したいところだ。この試合は13:00より行われる。
なお、鎌田が通算100打点まであと1と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する