FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2017年11月18日号

ラテラルレイズ戦は序盤に11点を奪い大勝
安田が半年ぶり勝利


ラテラルレイズ戦挨拶

18日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは城北中央公園にラテラルレイズさんを迎えて、練習試合を行った。ラテラルレイズさんは創立8年目、30歳前後のメンバーが中心のチームだ。ラテラルレイズさんとは過去2試合行い、1勝1敗のタイ。昨年7月の初対戦では、両チームともわずか2安打の投手戦。9三振を喫し、好投した安田を全く援護できず、1-2で敗れている。昨年9月の対戦も大接戦となった。1点を先制されるが、4回表に鎌田の2点適時打などで3-1と逆転。しかし、5回裏に3-3の同点に追いつかれる。6回表、鎌田の犠飛などで5-3と勝ち越すが、その裏に2つの失策などで無死満塁の大ピンチ。ここを犠飛の1点だけに抑え、5-4で辛くも逃げ切っている。今回も接戦が予想された。

1回裏、岡が適時三塁打を放つ 先発安田 2安打の戸田

ラテラルレイズ戦

試合は初回表、内野安打と盗塁などで二死三塁とされ、適時打を浴び1点を先制される。その裏、先頭の金井が四球で出塁し、二盗と内野ゴロで一死三塁とする。敵失で同点にすると、岡が適時三塁打を放ち逆転。さらに暴投で3-1とする。佐藤・伊藤永・安田の連続四死球で満塁とすると、村松の押し出し死球で1点。その後も戸田のスクイズ(記録は安打)と敵失で6-1。なおも満塁が続き、金井・田中の連続押し出し四球で8-1とし、内野ゴロの間にも1点を加え9-1とする。2回表、安打と野選などで無死一・三塁のピンチを招く。投ゴロ・三振で何とか二死までこぎつけるが、暴投で1点を許す。

3回裏、先頭の村上が安打で出塁 3回裏、田中が安打を放ち無死満塁 5回裏、猪元が二塁打を放つ

その裏、佐藤・伊藤永の連続四球と暴投、盗塁などで無死二・三塁の好機を作る。二死後、戸田に2点適時打が飛び出し、11-2とリードを広げる。3回裏、先頭の村上が安打で出塁。金井の四球と田中の安打で無死満塁とする。一死後、中堅への飛球。三塁走者の村上はタッチアップし本塁へ突入するが憤死。追加点は奪えなかった。5回裏、二死無走者から猪元が二塁打を放ち、三盗に成功。しかし、後続が凡退し無得点に終わる。6回裏、二死無走者から鎌田が安打で出塁するが、後続が凡退、そのまま時間切れとなり11-2で勝利した。

6回裏、鎌田が安打を放つ 試合後エール

先発安田は6回を投げ、5安打1死球、6つの三振を奪い2失点で今季5勝目。安田は5月20日以来、半年ぶりの勝利。打線のほうは7安打。11点を奪ったが、そのうちの9点は初回に7四死球と2つの敵失などが絡んだもの。3回以降は4安打を放つも相手救援投手に抑えられた。守備のほうは無失策だった。これでラテラルレイズ戦は2勝1敗となった。

2日(土)は今季最終戦・東京イーグルス戦
鎌田が通算100打点まであと5、村上が通算200打点まであと6


2日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園に東京イーグルスさんを迎えて、9イニング制の練習試合を行う予定だ。東京イーグルスさんは韓国籍の方々で結成されたチームだ。東京イーグルスさんとは2013年9月に一度だけ対戦している。岡の2ランと三井の満塁弾の2本の本塁打で6点をあげ、6-4で勝利している。この試合は13:00より行われる。
なお、村上が通算200打点まであと6、鎌田が通算100打点まであと6とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する