FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2017年7月29日号

Newsuperstars戦ダブルヘッダーは連敗
第一試合は拙攻で得点奪えず、後半大量失点で大敗
第二試合は守乱で4失点、そのまま4回途中で降雨コールド負け
チームは5連敗


Newsuperstars戦第一試合挨拶

29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園にNewsuperstarsさんを迎えて、練習試合2試合を行った。Newsuperstarsさんは40歳代後半と20歳代が中心のチームだ。

3安打1打点の伊藤永 先発田中 2安打1打点の猪元

Newsuperstars戦第一試合

第一試合は初回裏、敵失と伊藤幸の四球などで一死一・三塁と先制の好機を作る。二死後、金井が四球で歩き満塁とするが、後続が凡退し先制できず。2回表、失策と四球、2つの暴投などで一死二・三塁のピンチ。ここで適時二塁打を浴び2点を先制される。二死後、2本の長短打で2点を奪われ0-4とされる。その裏、一死から伊藤永が安打で出塁するが牽制死で二死。ここから敵失で走者を出し猪元が二塁打を放つが、一塁走者が本塁で憤死。ちぐはぐな攻撃で無得点に終わる。3回裏、敵失と暴投などで無死三塁の好機を作り、内野ゴロの間に1点を返す。続く信夫にも安打が出るが後続が凡退し、追加点は奪えず。4回裏、先頭の金井が安打で出塁する。二死後、伊藤永・戸田の連続安打で満塁とするが、あと1本が出ず無得点。1-4のまま迎えた5回表、3安打1四球3失策で3点を追加され1-7。7回表、2本の長短打と2四球に失策、暴投などが絡み4点を奪われ10点差にされてしまう。その裏、一死から岡が四球を選び二盗・三盗に成功。ここで伊藤永に適時打が出て1点を返す。二死後、猪元にも適時打が出て3-11とするが、後続が凡退し試合終了。

3回裏、信夫が安打を放つ 4回裏、先頭の金井が安打で出塁 4回裏、戸田が安打を放ち二死満塁

安田が欠席となり、田中が急遽先発。8安打4四球で11点を失い完投負け。1・3・4・6回は3人で打ち取ったが、走者を出した回は大量失点。セットポジションでの投球に課題が残った。一方、打線のほうは8安打を放った。伊藤永が3安打、猪元が2安打をそれぞれ記録した。4回までは毎回2人以上の走者を出し、得点の好機を作ったが結局3回の1点だけに終わり、主導権を握れなかった。特に1回と4回は満塁の走者が残塁、2回は二度の走塁ミスが響いた。守備は6失策。すべて失点につながった。

Newsuperstars戦第二試合挨拶

第一試合終了後、5分間の休憩を挟み、第二試合が行われた。

Newsuperstars戦第二試合

第二試合は初回裏、二死無走者から死球と失策で走者を出し、2点適時打を浴び先制される。さらに盗塁で二死二塁とされ、暴投で三進した走者を刺そうと捕手が悪送球、走者が生還し0-3とされてしまう。2回表、、先頭の佐藤が四球で歩く。二死後、2つの暴投で走者三塁とするが後続が凡退、得点できず0-3のまま。3回裏、一死から失策と盗塁で走者三塁とされ、内野ゴロの間に1点を失い0-4。4回表、山口の四球と村岡の安打で無死一・二塁の好機。内野ゴロと敵失の間に1点を返す。さらに盗塁と暴投で1点を奪い2-4とする。二死後、佐藤が四球で出塁したところで雨が強く試合は中断。雨はやみそうにないと判断、4回表二死でノーゲームとなった。公認野球規則では4回で試合成立のため、後攻がリードしている場合は4回表終了時でコールドゲームとなるが、二死で終了のためノーゲーム。しかし、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズではこの試合も公式記録とし、2-4でコールド負けとすることにした。

4回表、村岡が安打を放つ 先発信夫 ノーゲーム宣告

先発信夫は3回を投げ、1安打1四球で4失点。自責点はゼロ。3回で3つの三振を奪った。打線のほうは村岡の1安打のみ。守備は3回で4失策。この日は合計10失策。守備が浮き足立っていた。これでチームは5連敗。

19日(土)は全体練習

19日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園で全体練習を行う予定だ。GBN大会決勝トーナメント進出がかかる大一番、Team Someday戦を26日(土)に控え、チーム全体で確認をしておきたい。この全体練習は15:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する