FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2017年4月29日号

7年ぶり東京ジーラス戦
岡の適時打などで2点を先制するも逆転負け
安田がチーム史上3人目の通算300奪三振を達成


東京ジーラス戦挨拶

29日(土祝)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは都職清瀬運動場で東京ジーラスさんと練習試合を行った。東京ジーラスさんは東京都清瀬市を中心に活動するチームだ。東京ジーラスさんとは過去3試合ともストロングカップで対戦し、2勝1敗。2007年5月のストロングカップでは、2点を先制するものの毎回失点で3-9と逆転負け。2009年7月の同大会では、序盤に7点を奪い、その後も加点、18-1と大勝した。2010年6月の同大会では、点の取り合いとなるが13-5で逃げ切った。7年ぶりの対戦で、両チームともタイプは大きく変わっている。どのような展開になるかは全く予想がつかなかった。

1回表、先頭の金井が内野安打で出塁 先発安田 1回表、岡が先制適時打を放つ

東京ジーラス戦

試合は初回表、先頭の金井が内野安打で出塁する。一死後、星が四球を選び一・二塁とする。二死後、岡に適時二塁打が出て1点を先制、さらに中継が乱れる間に一塁走者の星も生還、2-0とする。その裏、二死無走者から四死球で一・二塁とピンチを招き、連続適時打を浴び2-2の同点に追いつかれる。2回表、一死から田中が安打で出塁。二死後、安田の四球と山口の安打で満塁とする。しかし、後続が凡退し無得点に終わる。その裏、一死から2本の安打と死球で満塁のピンチ。ここで押し出し四球を与え、1点を勝ち越される。さらに内野ゴロの間に1点を失い、2-4とされてしまう。

3回表、先頭の宮崎が三塁打を放つ ベンチ内 3回表、星が適時打を放つ

3回表、先頭の宮崎が三塁打を放ち、星の適時打で1点差に迫る。さらに2つの暴投と岡の四球、盗塁などで一死二・三塁と好機を広げるが、後続が凡退し同点にはできなかった。4回表、先頭の田中が四球で歩き、戸田が送りバントを決め一死二塁と一打同点の好機。しかし、あと1本が出ず、3-4のまま。5回裏、死球と失策で無死二・三塁とされてしまい、2点適時打を浴び3-6と突き放される。結局、6回裏終了時で時間切れとなり、3-6で敗れた。

2回表、田中が安打を放つ 試合後エール

先発安田は制球に苦しみ、5回で6安打・5四死球、6失点で敗戦投手となったが、5回裏にチーム史上3人目の通算300奪三振を達成した。一方、打線のほうは6安打。4回以降は無安打に抑えられた。特に2回表の二死満塁の場面で金井が放った安打性の打球が左直となったのが不運だった。守備は2失策。記録にならない失策もあり、安田の足を引っ張ってしまった。これで東京ジーラス戦は2勝2敗となった。

13日(土)はGBN2戦目、GENERAL戦
チーム通算300勝まであと2、戸田が通算100安打まであと2、村上が通算200打点まであと7


13日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園にGENERALさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第4節の試合を行う予定だ。GENERALさんは東京都杉並区を中心に活動し、GBN大会2014年関東3部で準優勝している強豪。GENERALさんとは過去2試合行い、勝ったことがない。2012年5月のGBN大会では、鎌田が2点本塁打を放つものの、3-9で敗れている。2015年5月の練習試合では、村上の2点適時二塁打で先制するものの、3-6と逆転負けを喫している。苦戦が予想されるが、接戦に持ち込みたいところだ。この試合は13:00より行われる。
なお、チーム通算300勝まであと2、戸田が通算100安打まであと2、村上が通算200打点まであと7とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する