FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2017年3月18日号

朝霞ベーカリー戦は先発安田がほぼ完璧な内容、打線も相手速球投手陣に苦しみ4安打ながら7点を奪い勝利

朝霞ベーカリー戦挨拶

18日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは城北中央公園に朝霞ベーカリーさんを迎え、練習試合を行った。朝霞ベーカリーさんは設立して間もない、平均年齢20代、メンバーの多くが中学野球経験者のチームだ。

2回裏、先頭の水谷が安打を放つ 先発安田 5回裏、先頭の伊藤永が安打で出塁

朝霞ベーカリー戦

試合は初回裏、金井・岡の死球などで二死二・三塁の好機を作るが、後続が凡退し先制できず。2回表、安打から2つの失策で1点を先制される。その裏、先頭の水谷が安打で出塁するが、後続が凡退、無得点に終わる。3回裏、村上・信夫の連続四球から敵失で1-1の同点に追いつく。さらに一死二・三塁で内野ゴロの間に三塁走者が生還、2-1と勝ち越しに成功する。

2番手でマウンドに上がった田中 4回裏、安田が2点適時三塁打を放つ 3番手の伊藤永

4回裏、敵失と猪元の四球で無死一・二塁とすると、安田に2点適時三塁打が出て4-1。山口の四球などで一死一・三塁とし、内野ゴロの間に三塁走者が生還、1点を追加する。5回裏、伊藤永の安打と敵失で無死一・二塁の好機。ここで戸田が送りバントをするがオールセーフとなり(記録は安打)、満塁。一死後、内野ゴロの間に1点を追加。安田が四球で歩くと、山口が押し出しとなる死球を受け、さらに1点を加える。7回表、2つの四球から2点適時二塁打を浴びるが、7-3で逃げ切った。

5回裏、戸田の送りバントが内野安打となり無死満塁 試合後エール

先発安田はほぼ完璧な内容。5回を投げ、失策で1点を失うものの相手打線を2安打に抑え、6奪三振で今季2勝目。6回に救援した田中は相手打線を3人で打ち取った。最終回に登板した伊藤永は1安打2四球で2失点だった。一方、打線のほうは4安打。相手速球投手陣に苦戦したが、10四死球と3つの敵失で走者を出し、得点につなげた。守備は4失策。一つ間違えば大量失点の危険性もあった。

25日(土)はGBN開幕戦・ドンチャック戦
鎌田が通算100安打まであと3、戸田が通算100安打まであと3、チーム通算300勝まであと4、村上が通算200打点まであと9


25日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは落合中央公園でドンチャックさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部A組第1節の試合を行う予定だ。ドンチャックさんとは過去3度、同大会で対戦している。過去の対戦成績は2勝1敗だ。2008年6月の同大会では、接戦となるが3-5で競り負けた。2011年8月の同大会では、3-7とリードされるが4回裏に逆転、そのまま時間切れとなり10-7で勝利している(GBNの公式記録はサヨナラ試合とみなされ8-7)。昨年6月の同大会では、3回までに9点を奪い、そのまま9-4で逃げ切っている。今回は何とか勝利して、GBN開幕戦を白星で飾りたいところだ。この試合は15:00より行われる。
なお、鎌田が通算100安打まであと3、戸田が通算100安打まであと3、チーム通算300勝まであと4、村上が通算200打点まであと9とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する