週刊菜っ葉 / 2016年4月23日号

GBN・アカネッツ戦は9安打・10得点で大勝
安田が今季初勝利、GBNも今季初勝利


612アカネッツ戦挨拶

23日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは上野恩賜公園でアカネッツさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部A組第3節の試合を行った。アカネッツさんとは一昨年3月にGBN大会で対戦予定だったが諸事情で不戦勝となり、急遽練習試合となった。5回までは2-2の同点だったが、6回以降に満塁本塁打などで大量失点し、2-10で大敗している。今回も苦戦が予想されるが、接戦に持ち込み勝機を見出したい。

2安打2打点2四球3得点の金井 先発安田 2本の適時打を放った戸田

アカネッツ戦

試合は初回表、2安打を浴びるが相手の走塁ミスもあり、無失点に抑える。その裏、5連続四球に暴投などもあり、2点を先制。二死後にも3連続四球などで3点を追加し、5-0とする。3回表、2点本塁打で5-2とされる。その裏、一死から安田・猪元の連続安打などで一・三塁の好機を作る。二死後、金井に適時二塁打が出て1点を追加。さらに戸田と伊藤(永)にも適時打が出て8-2とリードを広げる。

3回裏、猪元が安打を放ち一死一・三塁の好機 3回裏、伊藤(永)が適時打を放つ 6回裏、田中が安打を放つ

5回裏、二死無走者から金井が安打で出塁し、暴投で二進。ここで戸田が適時打を放ち、9-2とする。6回裏、二死無走者から田中・安田の連続安打に盗塁を絡め二・三塁とすると、敵失で1点を追加する。結局、6回裏終了時で時間切れとなり、10-2でGBN初白星ををあげた。

2安打の安田 試合後エール

先発安田は3回に本塁打を浴びるものの、4回以降は立ち直り相手打線を完全に封じ込んだ。4安打1四球、7つの三振を奪い今季初勝利。一方、打線のほうは9安打を放った。金井・戸田・安田がそれぞれ2安打を放ち、好調をアピールした。守備は1失策だった。これでGBNは1勝2敗1引き分けとなり、5月末が対戦期限となっている4試合はすべて消化した。残りは3試合。全勝すれば、決勝トーナメント進出の可能性はある。

7日(土)はレイダース戦
鎌田が通算100安打まであと9、金井が通算100盗塁まであと9、岡が通算300打点まであと9


7日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にレイダースさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。レイダースさんは平均年齢30歳のチームだ。この試合は13:00より行われる。
なお、鎌田が通算100安打まであと9、金井が通算100盗塁まであと9、岡が通算300打点まであと9とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する