FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2008年9月6日号

ダブルヘッダー連勝、2試合とも2ケタ得点を記録
岡がチーム史上二人目の通算200打点を達成

6日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは浮間公園にSPARKSさんを迎えて、練習試合を行った。浮間公園での試合は2004年5月のGundogs戦以来、約4年ぶりだ。
スパークス戦挨拶

試合は初回裏、失策で1点を先制される。2回表、敵失・四球・野選で無死満塁とすると、田中が2点適時打を放ち逆転。さらに暴投で1点を追加し3-1とする。3回裏、2点適時打を浴び3-3の同点に追いつかれる。4回表、金井・佐竹の連続安打と敵失で無死満塁と好機を作る。ここで村上に適時打が出て1点。さらに内野ゴロの間に1点を追加すると、岡がチーム史上二人目の通算200打点を達成する2点適時打を放つ。そして山崎に3号2ランが飛び出す。この回一気に6点を奪い、突き放す。
                   山崎本塁打
しかし5回裏、2四球と2失策に長打も浴び、3点を返され9-6。嫌なムードが流れるが6回表、山崎・佐藤の適時打などで3点を追加する。結局、6回終了時に時間切れとなり、12-6で勝利した。先発田中は5安打・6四球で6点を失うが、打線の援護もあり今季5勝目をあげた。一方、打線は山崎の3安打をはじめ、チーム全体で9安打を放った。

ニーズウェル挨拶

このSPARKS戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは城北中央公園に移動し、ニーズウェルさんを迎えて、練習試合を行った。ニーズウェルさんは会社の仲間で結成したチームだ。試合は初回裏、5四死球に7暴投、佐竹の適時二塁打などで5点を先制する。2回裏には3四死球に敵失、佐竹の適時打などで3点を追加し8-0とする。3回表、失策と犠飛、適時打などで3点を返される。その裏、敵失で出た走者が暴投で生還、9-3とする。4回表、3四球に失策、内野安打で2点を返される。その裏、二死無走者から2四球で好機を作ると、村上に2点適時二塁打が出て11-5とする。5回裏には金井の2点適時打と佐藤の適時打で3点を追加する。結局、6回表途中で時間切れとなり、14-5で勝利した。

        先発佐竹      大渕捕手

先発佐竹は9つの四死球を与えるものの、相手打線を2安打・5失点に抑え、勝利投手。打線のほうは佐竹の3安打をはじめ、チーム全体で7安打。さらに17盗塁と機動力も発揮した。これでチームは3連勝。

21日(日)はダブルヘッダー
女子軟式野球チーム・ダイナソーズ戦とウッドストック戦

21日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にダイナソーズさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。ダイナソーズさんは板橋区軟式野球連盟に所属している女子チームだ。この試合は13:00より行われる。
このダイナソーズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にウッドストックさんを迎えて、練習試合を行う予定。このウッドストック戦は15:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する