週刊菜っ葉 / 2015年8月22日号

2ヶ月ぶりに活動再開!
メガシティ戦は安田好投も打線が援護できず引き分ける


メガシティ戦挨拶

最高気温33度を記録した22日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にメガシティさんを迎えて、練習試合を行った。メガシティさんは北区軟式野球連盟に所蔵する、20~50代と幅広い年齢層のチームだ。

2ヶ月ぶりに活動再開 先発安田 2回裏、先頭の佐藤が安打で出塁

メガシティ戦

試合は初回表、四球と安打で無死一・二塁のピンチを招く。二死一・三塁となり、一塁走者が盗塁を試みる。捕手の岡は送球、投手の安田がカットし、飛び出した三塁走者を挟殺。無失点に抑える。2回裏、先頭の佐藤が安打で出塁し、戸田がバントで送り一死二塁。田中が安打でつなぎ、二盗で一死二・三塁の好機を作る。李が四球を選び満塁とすると、内野ゴロが敵失を誘い1点を先制する。5回表、二死から安打で走者を許す。次打者にも中前に落とされるが、中堅の水谷が二塁へ送球し封殺、中ゴロとなり1-0のまま。

2回裏、戸田が送りバントを決める この猛暑で長袖かよ 2回裏、田中が安打を放つ

その裏、先頭の安田が内野安打で出塁し、敵失で無死一・二塁と追加点の好機。しかし、後続が凡退し無得点に終わる。6回表、2つの失策で1点を失い、同点に追いつかれる。その裏、一死無走者から戸田・田中の連続四球で一・二塁とするがまたも後続が凡退、無得点に終わる。7回表、一死無走者から2安打と四球で満塁とされ絶体絶命のピンチを招くが、2つの投ゴロで何とか凌ぐ。結局、このまま1-1で引き分けた。

5回裏、安田が安打を放つ 試合後エール

先発安田は5安打・2四球で1失点完投。しかし打線の援護なく、自らの誕生日を勝利で飾れなかった。打線のほうはわずか3安打。バントや進塁打で走者を得点圏に送り好機を作るものの、相変わらず適時打が出ない。守備のほうは2失策。この2つが6回表に重なり、得点を許してしまった。チーム事情により、6月27日以来2か月ぶりの試合となったが、思ったより体が動き、集中していた。

29日(土)は活動予定
佐藤が通算300安打まであと4


29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園で練習試合もしくは全体練習を行う予定だ。この練習試合もしくは全体練習は15:00より行われる。
なお、佐藤が通算300安打まであと4と迫っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する