FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2015年3月28日号

グローリーズ戦は2本の本塁打などで11点を奪い大勝
チームは約5年ぶりの6連勝


グローリーズ戦挨拶

28日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園にグローリーズさんを迎えて、練習試合を行った。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチームだ。グローリーズさんとは過去9試合行い、5勝4敗。昨年8月の対戦では、安田が好投、戸田が「バントの人」と言われながらもしつこくバントを成功させ、4-1で勝利した。昨年12月のダブルヘッダーでは、2試合とも大接戦を演じている。第一試合では、一時2-6とリードを許すが3点を返した後、戸田の2点適時二塁打で7-6と逆転勝ち。第二試合でも、先制を許すものの岡の満塁本塁打などで逆転、7-4で勝利している。今回も接戦が予想された。

1回表、先頭の村上が死球で出塁 先発安田 5回表、戸田が1号3ランを放つ

グローリーズ戦

試合は初回表、先頭の村上が死球で出塁。ここから4連続四球で2点を先制する。一死後、李も押し出し四球を選び、3-0とする。2回表、先頭の岡が四球で歩き、暴投と盗塁で三進。敵失で無死一・三塁とすると、村上に適時打が出て1点を追加。その後も3つの暴投ですべての走者が生還、6-0とリードを広げる。3回裏、失策と四球などで一死一・二塁のピンチを招き、適時二塁打と犠飛で2点を返される。4回表、敵失と盗塁で無死二塁とすると、稲田に2点本塁打が出て8-2とする。その裏、安打と四球、けん制悪送球などで走者を一死一・三塁とされてしまう。ここで遊ゴロ、併殺を狙うが一塁はセーフとなり、1点を失う。5回表、2つの四球などで一死一・二塁とすると、戸田が1号3点本塁打を放ち、11-3とする。結局、6回表終了時で時間切れとなり、11-3で勝利した。

4回表、稲田が2ランを放つ 試合後エール

先発安田は5回を投げ、相手打線を3安打に抑え、3四球3失点で今季3勝目。自責点はゼロだった。一方、打線のほうはわずか3安打だが、そのうち2本が本塁打。相手投手の制球難から12個の四死球で走者をため、効率よく得点できた。守備は2失策。これでチームは6連勝。2009年10月~2010年2月に9連勝を記録して以来、約5年ぶり。また、グローリーズ戦は6勝4敗となった。

11日(土)はストロングカップ開幕戦・レッドリボン軍戦と7年半ぶり対戦・VITES戦
佐藤が通算300安打まであと8


11日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にレッドリボン軍さんを迎えて、ストロングカップ土曜大会2部リーグ埼京地区Cブロック第3節の試合を行う予定だ。レッドリボン軍さんはストロングカップ初参戦だが、GBN1部に所属している強豪チームだ。高校野球経験者も多く、平均年齢も31歳でこちらよりかなり若い。大苦戦が予想される。こちらは貧打線なので、必死に守って失点しないようにしなければならない。この試合は13:00より行われる。
このレッドリボン軍戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にVITESさんを迎え、練習試合を行う予定。VITESさんは昨年52試合にとどまったものの、2013年までは毎年100試合以上こなしているチームだ。一日4試合も普通に行っている。試合数が多いだけではない。勝率も7割近い強豪チームだ。VITESさんとは過去3試合行い、一度も勝ったことがない。2005年6月の初対戦では2本の本塁打を浴び完敗。2005年9月の対戦では、3本の本塁打を浴び13失点と大敗した。2007年9月の対戦では、5失策と自滅し3-7で敗れている。VITESさんとは7年半ぶりの対戦となる。この試合は15:00より行われる。
なお、佐藤が通算300安打まであと8と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する