FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2014年6月14日号

チーム結成15周年記念試合・TWINS戦はあと1本が出ず鎌田のソロ本塁打のみで敗れ、TWINS戦は13連敗
GBN・ウイニングチケット戦は安田が1失点完投でGBNは2勝目
安田が通算100奪三振を達成


TWINS戦挨拶

14日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にTWINSさんを迎えて、チーム結成15周年記念の練習試合を行った。12日(木)にザ・ミッドサマー・キッドナッパーズはチーム結成15周年を迎えた。その記念試合のために、TWINSさんが3年半ぶりに活動を再開することとなった。TWINSさんとは2001年9月に初めて対戦して以来12試合行い、一度も勝ったことがない。何とか初勝利をあげたいところだ。TWINSさんは2002年にGBN大会とグロリアスカップで優勝、2004年と2005年は草魂カップでベスト4進出、2006年はエアロックカップでベスト4に進出している強豪だ。2010年12月に行われた対戦でも、初回に幸先よく4点を先制するものの、6点を奪われ逆転負けを喫している。この試合、接戦が予想された。また、TWINSさんに勝利したいという思いでザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは成長してきた。感謝の気持ちとともに戦いたい。

2回裏、鎌田が2号ソロを放つ 先発田中 4回裏、李が安打を放つ

TWINS戦

試合は初回表、死球と安打などで一死一・二塁とされ、適時二塁打を浴び2点を先制される。2回裏、二死無走者から鎌田が2号ソロ本塁打を放ち、1点を返す。3回表、安打と二塁打で無死二・三塁とされ、犠飛で1-3とされる。その裏、一死から田中が安打を放つが、後続が凡退し無得点に終わる。4回表、安打と2四球などで一死満塁とされ、失策で1点を失う。

2安打の田中 5回から救援の戸田 7回裏、先頭の村松が安打で出塁

その裏、先頭の李が安打で出塁する。しかし、後続が凡退、無得点に終わる。6回裏、田中の安打と金井の四球で無死一・二塁とし、戸田の送りバントが内野安打となり満塁、好機を広げる。しかし、後続が凡退、得点を奪うことができなかった。1-4のまま迎えた最終回裏、村松・鎌田の連続安打で無死一・二塁とする。しかし、またも後続が凡退し、1-4で敗れた。

6回裏、戸田がバント安打を決める 短かった命 試合後エール

先発田中は4回を投げ、7安打・4四死球で4点を失い敗戦投手。5回から救援の戸田は1安打・1四球で無失点に抑えた。打線のほうは7安打。色川投手の緩急をつけた投球に大苦戦。得点圏に走者を進めるも、1本も適時打は出ず、得点は鎌田のソロ本塁打のみに終わった。守備は1失策だった。これでTWINS戦は勝ったことなく13連敗となった。

ウイニングチケット戦挨拶

このTWINS戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは朝霞中央公園へ移動し、ウイニングチケットさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部C組第5節を行った。現在、GBN大会は1勝3敗で決勝トーナメント進出は絶望的な状況だ。ウイニングチケットさんとは過去4戦4勝。2002年8月に行われたGBN大会では、田中が完封し4-0で勝利。2007年3月に行われた同大会では18-0で大勝している。2010年6月の同大会では6-3で辛くも勝利。昨年7月に行われた同大会では戸田が完封し13-0で大勝している。また、ウイニングチケットさんとザ・ミッドサマー・キッドナッパーズはGBN大会の第1回目から参加している。今季、GBNリーグに参加登録している283チームの中で第1回から出場しているのは、おそらくこの2チームだけと思われる。

3回裏、大渕が2点適時二塁打を放つ 先発安田 4回裏、戸田が安打を放つ

ウイニングチケット戦

試合は初回裏、二死から鎌田・岡・大渕の3連続四球で満塁とするが、三直で先制できず。2回表、二死から振り逃げで走者を許すが、無失点に抑える。なお、この振り逃げで安田がチーム史上5人目の通算100奪三振を達成した。3回裏、田中・鎌田の連続安打などで二死二・三塁とする。ここで大渕が2点適時二塁打を放ち先制する。4回表、2安打と四球などで一死満塁のピンチを招き、内野ゴロの間に1点を失う。

6回裏、金井が二塁打を放つ 3回裏、田中が安打を放つ 6回裏、鎌田が2点適時二塁打を放つ

その裏、戸田の安打と金井の四球などで二死二・三塁とし、敵失で1点を追加し3-1とする。5回裏、敵失と戸田の四球などで二死二・三塁とするが、後続が凡退し無得点に終わる。6回裏、先頭の金井が二塁打で出塁。続く田中が四球を選び、重盗に成功。ここで鎌田に2点適時二塁打が出て5-1と突き放す。最終回表、2つの四球で一死一・二塁とされるが、無失点で凌ぎ、5-1で勝利した。

朝霞市営球場  試合後エール

先発安田は6つの三振を奪い、3安打・3四球で完投勝ち。一方、打線のほうは7安打を放った。相手投手の緩い球に手こずるも、適時打が2本出て効率よく得点した。守備のほうは無失策だった。これでGBN大会は2勝3敗。残りは1試合となった。

21日(土)は大一番!ストロングカップ・シルバーキッズ戦
岡が通算400安打まであと8


21日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にシルバーキッズさんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ土曜大会第5節を行う予定だ。現在、ストロングカップは2勝0敗。この試合に勝利すれば、決勝トーナメント進出が確実となる。シルバーキッズさんはこのリーグ最大のライバルだ。シルバーキッズさんとは、過去4試合行い、2勝2敗。2009年9月の草魂カップでは、5-0で勝利。2010年2月の練習試合では、10-2で勝利している。しかし、2010年10月の草魂カップでは、初回に12点を奪われ、3-15と大敗。昨年9月のストロングカップでも1-7で敗れている。苦戦が予想されるが、何とか勝利したいところだ。この試合は11:00より行われる。
なお、岡が通算400安打まであと8と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する