FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2014年3月22日号

I.B.F.戦は安田好投、チーム今季初勝利
野楽会ノーリターンズ戦は守備崩壊、打線も安田の1安打のみで大敗


IBF戦挨拶

22日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にI.B.F.さんを迎えて、練習試合を行った。I.B.F.さんは平均年齢26歳、池袋の飲食店スタッフを中心で構成されたチームだ。

1回裏、田中が安打を放つ 先発安田 1回裏、佐藤が先制2点適時打を放つ

IBF戦

試合は初回裏、一死から田中が安打で出塁する。続く岡が死球を受け一・二塁。重盗と大渕の四球で満塁とする。ここで佐藤が2点適時打を放ち先制する。3回表、二死無走者から失策と野選、適時打で1点を返される。その裏、一死から岡が内野安打で出塁し、二盗・三盗に成功。さらに暴投で生還し、3-1とする。4回表、安打と四球で無死一・二塁のピンチを招くが、無得点に抑える。その裏、一死から安田が内野安打で出塁するが、二盗に失敗し、無得点に終わる。

3回裏、岡が内野安打を放つ 4回裏、安田が内野安打を放つ 6回裏、先頭の戸田が安打で出塁

5回裏、一死から金井・田中・岡の3連続四死球で満塁とする。二死後、佐藤が押し出し四球を選び、4-1とリードを広げる。6回表、二死無走者から二塁打と適時打を浴び、再び2点差とされてしまう。その裏、先頭の戸田が安打で出塁。一死後、村上が四球で歩き、好機を広げる。しかし、遊直併殺で追加点を奪えない。結局、このまま4-2で勝利した。

試合後に両チームで握手 試合後エール

先発安田は4安打・2四死球で8個の三振を奪い、2失点完投勝利。一方、打線のほうは5安打。適時打は佐藤の1本だけ。本調子まではまだ時間がかかりそうだ。守備は1失策だけだった。これで昨年から続いていた連敗を4で止め、今季初勝利をあげた。

野楽会ノーリターンズ戦挨拶

このI.B.F.戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園に野楽会ノーリターンズさんを迎え、練習試合を行った。野楽会ノーリターンズさんは町田市軟式野球連盟に所属する、平均年齢35歳のチームだ。

野楽会ノーリターンズ戦

試合は初回表、2失策と2本の適時二塁打で3点を先制される。その裏、2つの敵失と暴投で一死二・三塁とする。ここで内野ゴロの間に1点を返す。2回表、3失策と適時二塁打などで3点を失い、1-6と突き放される。3回表、失策と暴投、適時打で1点を奪われる。その裏、山口・田中の連続四球と重盗で無死二・三塁とする。敵失で1点、暴投で1点を奪い、なお一死三塁。ここで安田に適時打が出て、4-7と反撃を開始する。しかし4回表、二塁打と失策で1点を失うと、2点本塁打を浴びて4-10。5回表には、2安打に四球、2失策で3点を奪われる。その裏、先頭の山口が四球で出塁するものの、後続が凡退し無得点。6回表終了時で時間切れとなり、4-13で大敗した。

チーム唯一の安打を放った安田 先発戸田 試合後エール

先発戸田は8安打・1四球で13失点。しかし、自責点はゼロだった。打線は相手速球投手に抑えられ、安田の1安打のみ。四球や敵失で走者を出すものの、打線は全くつながらなかった。守備は9失策。完全に崩壊した。なお、時間切れのため無効となった6回表だが、5安打・2失策・1四球で5点を失ったことを忘れてはならない。

5日(土)は22度目の対戦となる鬼道衆戦と8年ぶりの対戦となるGBN・ターフビジョン戦
村上が通算300安打まであと4


5日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園で鬼道衆さんと練習試合を行う予定だ。鬼道衆さんとは過去21試合を行い、7勝12敗2引き分けだ。現在、鬼道衆戦5連敗中。何とかこの連敗を止めたいところだ。互いに知り尽くしたチーム同士、何が起こるかわからない。この試合は11:00より行われる。
この鬼道衆戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にターフビジョンさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部C組第3節の試合を行う予定。ターフビジョンさんは輝かしい実績を持つ強豪チームだ。ターフビジョンさんとは昨年に続き同リーグとなったが、昨年の対戦は諸事情により不戦勝となった。実際には2006年4月以来、8年ぶりの対戦となる。その時の対戦では、3-12で大敗している。ぜひリベンジを果たし、GBN開幕2連勝と行きたいところだ。この試合は13:00より行われる。
なお、村上が通算300安打まであと4と迫っている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する