FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2013年8月31日号

ストロングカップ・Giants Wings戦は初回の3点を守り切り、3勝2敗に
Ignition戦は安田好投、2点を先制されるものの岡・佐藤の適時打で逆転勝利


Giants_Wings戦挨拶

東京で最高気温35度を記録した31日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にGiants Wingsさんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ土曜大会第6節を行った。ストロングカップは2勝2敗。優勝決定戦進出へは、残り2試合とも点差をつけての勝利が求められる大変厳しい状況だが、完全に消えたわけではない。Giants Wingsさんは品川区を中心に活動する、今年度からストロングカップに参戦したチームだ。Giants Wingsさんは1勝3敗という状況だが、角川フェニックスさんに5-6と惜敗するなど、力があるチームだ。この試合、接戦が予想されるが、優勝決定戦進出のために何とか勝利したいところだ。

先発田中 1回裏、佐藤が先制2点適時二塁打を放つ 佐藤の適時二塁打で二者が生還

Giants_Wings戦

試合は初回表、いきなり四球で走者を許す。ここで二盗を試みるが、岡が素晴らしい送球で刺す。二死後も三塁打を浴びピンチを招くが、無失点で凌ぐ。その裏、敵失と岡の四球などで二死一・二塁とし、重盗を決め二・三塁とする。ここで佐藤が2点適時打を放ち先制する。さらに適時二塁打で3-0とリードを広げる。2回表、四球と敵失で無死一・三塁のピンチ。ここで一塁走者がスタートを切るが、右飛で一塁走者が戻れず併殺、無失点で切り抜ける。4回表、死球と安打で無死一・二塁のピンチを招く。三ゴロ併殺で切り抜けたかと思ったが、連続四死球で二死満塁とされる。しかし次打者を三振に打ち取り、何とか無失点に抑える。その裏、一死から戸田が内野安打を放つが、後続が凡退し無得点に終わる。

4回裏、戸田が内野安打を放つ 1回表、村松が飛球をつかむ 5回途中から救援の戸田

5回表、先頭打者が右中間に大きな当たりを放つ。李と村松が飛球を追って衝突し、三塁打としてしまう。李は胸を強く打ち、負傷退場する。一死後、連続四球で満塁のピンチを招く。ここで適時打と押し出し四球で2点を返され1点差に迫られる。その後は2つの内野ゴロで何とか1点のリードを守る。その裏、敵失で無死一塁。しかし併殺で二死無走者。ここから岡が四球を選び、二盗・三盗に成功するが、後続が凡退、追加点を奪えない。6回表、二死から二塁打を失策で一・三塁と一打同点、長打が出れば逆転のピンチ。ここも二飛に打ち取り、3-2のまま。7回表、先頭打者に安打を浴び、同点の走者を許す。一死後、この試合3つ目の併殺で試合終了、3-2で逃げ切った。

ベンチ内 はるか 試合後エール

先発田中は2か月ぶりの登板。5回途中まで投げ、制球に苦しみ8四死球を与えるが、相手打線を3安打に抑え2失点で今季2勝目。5回一死満塁から救援のマウンドに立った戸田は3安打・1四球で無失点の好投。2011年10月以来のセーブをあげた。一方、打線のほうはわずか3安打。得点圏に走者を進められたのは初回と5回の2度だけ。初回のワンチャンスをモノにした。守備のほうは2失策。いずれも大ピンチを招くものだったが、失点は許さなかった。これでストロングカップは3勝2敗と白星が先行。最終節のシルバーキッズさんに勝利すれば、他チームの動向次第ではあるが、わずかながら優勝決定戦進出の可能性がある。

Ignition戦挨拶

このGiants Wings戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にIgnitionさんを迎え、練習試合を行った。Ignitionさんは会社のメンバーで結成されたチームだ。Ignitionさんとは2011年9月に練習試合を行っている。この試合では、2点を先制するものの守備が崩壊して逆転を許し、4-6で敗れている。何とかリベンジを果たしたいところだ。

2安打の岡 先発安田 2回裏、先頭の李が安打で出塁

Ignition戦

試合は2回表、安打と2四球で一死満塁のピンチを招くが、無失点で凌ぐ。その裏、先頭の李が安打で出塁。二死後、捕逸で二進するが、後続にあと1本が出ず、無得点に終わる。3回表、安打と失策などで無死一・三塁のピンチ。ここも何とか無失点に抑える。その裏、戸田の四球と岡の安打で無死一・二塁と先制の好機を作る。しかし、三重殺であっという間に好機をつぶしてしまう。両チーム無得点のまま迎えた4回裏、2つの敵失などで一死二・三塁と先制の好機。しかし後続が凡退、無得点。5回表、連続安打を浴び、無死一・二塁とされてしまう。その後、何とか二死を取るが、適時二塁打を浴び、2点を先制されてしまう。その裏、村松・安田・伊藤巌・戸田の4連続四球で1点を返す。さらに岡の適時打で2-2の同点に追いつく。一死後、佐藤に適時打が出て、逆転に成功する。結局、6回表終了時で時間切れとなり、3-2で勝利した。

4回表、村上が飛球を好捕 5回裏、佐藤が逆転適時打を放つ 3回裏、三重殺を食らい、なぜか笑顔の大渕

先発安田は6安打・3四球で相手打線を2点に抑え、今季3勝目。打線のほうは相変わらず元気がない。わずか4安打。四球でためた走者を2本の安打で返し、効率よく得点した。守備は1失策だった。これでIgnition戦は1勝1敗となった。

7日(土)はストロングカップ最終戦・シルバーキッズ戦など2試合

7日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にTokyo Crazy Eaglesさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。Tokyo Crazy Eaglesさんは結成3年目の韓国人のチームだ。この試合は11:00より行われる。
このTokyo Crazy Eagles戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にシルバーキッズさんを迎え、ストロングカップ壮年マスターズ土曜大会最終節の試合を行う予定。現在、ストロングカップは3勝2敗。この試合に勝利しなければ、優勝決定戦進出の望みは絶たれる。一方、シルバーキッズさんは現在4勝1敗。シルバーキッズさんはこの試合に勝利すれば、優勝決定戦進出が確定する。シルバーキッズさんとは、過去3試合行い、2勝1敗。2009年9月の草魂カップでは、5-0で勝利。2010年2月の練習試合では、10-2で勝利している。しかし、2010年10月の草魂カップでは、初回に12点を奪われ、3-15と大敗している。現在のシルバーキッズさんは2010年2月以前のシルバーキッズさんではない。苦戦が予想されるが、何とか勝利したいところだ。この試合は13:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する