FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2013年8月17日号

グローリーズ戦ダブルヘッダー!
第一試合は壮絶な点の取り合い、一時は5点差をひっくり返すも最後は力尽き逆転負け
第二試合は一転して投手戦、土壇場7回に追いつき延長戦に突入もサヨナラ負け
金井が通算100安打を達成


グローリーズ戦挨拶

17日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にグローリーズさんを迎えて、練習試合2試合を行った。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチームだ。グローリーズさんとは過去3試合対戦し、2勝1敗。2009年9月の初対戦では、田中が相手打線を2安打完封し、2-0で勝利している。2011年7月の対戦では、3回裏以外は一人の走者も出せず、3-9で敗れている。昨年9月の対戦では、鎌田が6回無失点と好投し、打線も11点を奪い大勝している。今回の2試合とも、戦前の予想通り大接戦となった。

2安打の大渕 先発安田 2回裏、李が内野安打を放つ

グローリーズ戦

試合は初回表、2安打に3四球、犠飛などで2点を先制される。その裏、二死無走者から大渕が二塁打を放つが、無得点に終わる。2回裏、2つの敵失と李の内野安打で無死満塁の好機を作る。二死後、村上が押し出し四球を選び、1点を返す。3回表、2四球と3本の長短打などで4点を奪われ、1-6とリードを広げられる。その裏、田中・大渕の連続四死球と岡の安打で無死満塁とする。一死後、戸田の押し出し四球で1点を返す。二死後、水谷の適時打で3-6とする。

3回裏、岡が安打を放ち無死満塁 4回裏、金井が二塁打を放ち通算100安打を達成 3回裏、水谷が適時打を放つ

4回裏、一死から金井が二塁打を放ち、チーム史上14人目の通算100安打を達成。田中が適時打を放つと、大渕の安打と岡の死球などで満塁の好機を作る。佐藤の犠飛で5-6とすると、戸田に2点適時二塁打が出て7-6と逆転に成功する。1点差のまま迎えた6回表、内野安打から2つの盗塁と失策で7-7の同点に追いつかれてしまう。さらに四球から適時打と失策で2点を失い、7-9と突き放されてしまう。その裏、二死無走者から岡が安打で出塁し、二盗・三盗に成功。ここで佐藤が適時打を放ち、8-9と1点差に迫る。7回表、4四球と2本の二塁打で8-12とされ、そのまま敗れた。

4回裏、田中が適時打を放つ 4回裏、戸田が逆転2点適時打を放つ 6回裏、佐藤が適時打を放つ

先発安田は珍しく制球に苦しみ、完投するが9安打12四死球で12点を奪われ敗戦投手。一方、打線のほうは10安打を放った。特に大渕と岡が複数安打を放った。守備は5失策。そのうち外野手の失策が3つと多かった。

グローリーズ戦挨拶

第一試合終了後、約20分間の休憩をはさみ、第二試合が行われた。

久々にフル出場した藤澤 先発戸田 3回表、先頭の金井が二塁打を放つ

グローリーズ戦

2回表、一死から安田が四球で歩き、暴投と敵失で1点を先制する。その裏、一死から内野安打で走者を許すが、捕手の岡が素晴らしい送球で二盗を阻み、無失点で切り抜ける。3回表、先頭の金井が二塁打で出塁するが、後続が凡退し無得点に終わる。4回表、先頭の村上が安打で出塁。二死後、岡の四球と戸田の安打で満塁とするが、またもあと1本が出ず無得点に終わる。5回表には、一死から山口の二塁打と村岡の死球、重盗などで好機を作るが、後続が凡退し、無得点。1-0のまま迎えた6回裏、4本の長短打などで3点を奪われ逆転されてしまう。

4回表、先頭の村上が安打で出塁 2回表、岡が三盗を決める 5回表、山口が二塁打を放つ

1-3とこの試合初めてリードを許した7回表、先頭の岡が安打で出塁。二盗に成功後、戸田にも安打が出て無死一・三塁とする。その戸田が二盗に成功し無死二・三塁と一打同点の好機。ここで田中がスクイズを決め1点差に迫り、同点の走者を三塁へ送る。敵失で一・三塁とした後、投手のけん制球が悪送球となり、土壇場で3-3の同点に追いつく。その裏、簡単に二死を取るが、安打と失策、四球で満塁とされ、サヨナラ負けのピンチを招く。しかし、二飛に打ち取り、延長戦に突入する。延長8回表、二死から村上が死球を受け出塁し、暴投で二進。勝ち越しの好機をつかむが、後続が凡退し3-3のまま。その裏、2本の安打などで一死一・二塁と一打サヨナラのピンチ。ここで右越えの適時二塁打を浴び、3-4でサヨナラ負けを喫した。

7回表、先頭の岡が安打で出塁 2安打の戸田 7回表、田中のスクイズで1点差に迫る

先発戸田は5回までは相手打線を無失点に抑え好投するが、10安打4四死球で4点を失い完投負け。一方、打線のほうは6安打。6回以外は毎回得点圏に走者を送るものの、拙攻で11残塁。あと1本が出ず、わずか3得点。これが苦戦の原因となった。守備のほうは2失策。グローリーズ戦ダブルヘッダーは連敗し、対戦成績は2勝3敗となった。

31日(土)はストロングカップ・Giants Wings戦と2年ぶりIgnition戦

31日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にGiants Wingsさんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ土曜大会第6節を行う予定だ。現在、ストロングカップは2勝2敗。優勝決定戦進出へは、残り2試合とも点差をつけての勝利が求められる大変厳しい状況だが、完全に消えたわけではない。Giants Wingsさんは品川区を中心に活動する、今年度からストロングカップに参戦したチームだ。Giants Wingsさんは現在1勝3敗という状況だが、角川フェニックスさんに5-6と惜敗するなど、力があるチームだ。この試合、接戦が予想されるが、優勝決定戦進出のために何とか勝利したいところだ。この試合は11:00より行われる。
このGiants Wings戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にIgnitionさんを迎え、練習試合を行う予定。Ignitionさんは会社のメンバーで結成されたチームだ。Ignitionさんとは2011年9月に練習試合を行っている。この試合では、2点を先制するものの守備が崩壊して逆転を許し、4-6で敗れている。何とかリベンジを果たしたいところだ。この試合は13:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/21 08:50)

品川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。