FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2013年4月13日号

GBN第4節・J-KIDS戦は戸田好投も競り負ける
チームは泥沼の開幕6連敗


J-KIDS戦挨拶

13日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは北大泉球場でJ-KIDSさんとGBN関東大会メジャーリーグ3部B組第4節の試合を行った。J-KIDSさんは1987年に結成され、練馬区を中心に活動しているチームだ。昨年までGBN大会のマイナーリーグに所属しており14勝2敗(不戦除く)、満を持してメジャーリーグに上がってきた。苦戦が予想されるが、何とか接戦に持ち込みたいところだ。

完投負けの戸田 1回表、先頭の金井が安打で出塁 1回裏、岡が飛球を好捕

520J-KIDS戦

初回表、先頭の金井が安打で出塁する。しかし、後続が凡退し、無得点に終わる。2回表、先頭の大渕が死球を受け、続く戸田が安打を放ち無死一・二塁と先制の好機を作る。二死後、村上が四球を選び満塁とするが、後続が凡退、無得点に終わる。その裏、死球から2本の長短打で2点を先制される。3回表、一死後、岡が四球で歩き二盗・三盗。三盗時に捕手の送球がそれて1点を返す。4回表、一死から白石が死球を受け出塁するが、後続が凡退し、無得点。

2回表、戸田が安打を放ち無死一・二塁 そうき 7回表、先頭の白石が安打を放つ

その裏、失策と盗塁、適時二塁打で1点を追加されてしまう。その後も安打と盗塁で無死二・三塁のピンチ。ここで、二塁後方への飛球。前進守備のため、内野手は追いつくことができなかったが、中堅の岡が猛ダッシュし好捕。飛び出した三塁走者も刺し、併殺。次打者も三振に打ち取り、あわや大量失点のピンチを1失点で切り抜けた。5回裏、一死から失策と四球、盗塁などで二・三塁とされるが、無失点で凌ぐ。1-3のまま迎えた7回表、先頭の白石が安打で出塁する。しかし、後続が凡退、1-3で敗れた。

5回裏一死二・三塁、大渕はゴロを捕球し本塁で刺す  試合後エール

先発戸田は5安打3四死球で3点を失い、完投負け。一方、打線のほうは相変わらず元気がない。わずか3安打。守備のほうは2失策。挟殺プレーのミスで1点を失った。しかし、岡の2つのファインプレーで何とか接戦に持ち込んだ。これでGBN大会は3連敗。早くも決勝トーナメント進出は絶望的となった。今年は開幕から打線が全くつながらず、点が取れない。今年のチーム打率も.159に低迷。開幕から泥沼の6連敗となった。

20日(土)はラッキーストライクス戦
田中が通算200盗塁まであと1、大渕が通算100盗塁まであと2及び通算300打点まであと5、村上が通算200盗塁まであと3


20日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にラッキーストライクスさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。ラッキーストライクスさんは東京都内で活動するチームで、今年の対戦成績は2勝3敗。一方、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは開幕6連敗中。今季初勝利なるか?この試合は13:00より行われる。
なお、田中が通算200盗塁まであと1、大渕が通算100盗塁まであと2及び通算300打点まであと5、村上が通算200盗塁まであと3とそれぞれ迫っている。

幻の7回裏
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する