FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2011年9月23日号

ストロングカップ・蒼天戦は2本の本塁打を浴び10失点で完敗、1勝2敗に
金太楼戦は10安打・13得点で逆転勝ち


蒼天戦挨拶

23日(金・祝)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に蒼天さんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ第3節の試合を行った。蒼天さんはストロングカップ特別部に所属している超強豪チーム。何とか接戦に持ち込みたいところだ。

先発田中 3回裏、戸田が内野安打を放つ 大渕一塁手

蒼天戦

試合は初回表、2本の長短打で1点を先制される。3回表、2つの四死球から適時打と失策で2点を追加され0-3。その裏、先頭の戸田が内野安打で出塁するも、後続が凡退し無得点に終わる。4回裏、一死から敵失と佐藤の安打で一・二塁の好機を作る。二死後、鎌田に適時打が出て1点を返す。5回表、安打と四球、暴投で無死二・三塁のピンチを招き、一死を取るが2点適時二塁打を浴び1-5とリードを広げられる。

救援の鎌田 4回裏、佐藤が安打を放つ 2本の適時打を放った鎌田

6回表には、3点本塁打と2点本塁打を浴び、5点を追加され1-10とされる。その裏、二死無走者から佐藤・布山の連続四球と暴投で二・三塁とし、鎌田の適時打で1点を奪い2-10とする。最終回裏、二死から金井・田中の連続四球で好機を作るものの後続が凡退、2-10で敗れた。

密談する大渕と佐藤 試合後エール りゅうとくん

先発田中は6回を投げ、2本の本塁打を含む被安打10、そして5つの四死球を与え10失点で敗戦投手。最終回に救援の鎌田は3人で抑えた。一方、打線のほうは4安打。その中で鎌田が2本の適時打を放ち気を吐いた。守備は1失策で失点につながってしまったものの、締まっていた。これでストロングカップは1勝2敗と負けが一つ先行。優勝決定戦に進出するには、残り3試合を全勝し、しかも他チームの動向次第という状況となった。

金太楼戦挨拶

この蒼天戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園に金太楼さんを迎え、練習試合を行った。金太楼さんは都内クラブチームの仲間同士が有志で集まり、立ち上げたチームだ。

1回裏、村松が二塁打を放つ 先発戸田 2安打の大渕

金太楼戦

試合は初回表、失策と4本の長短打を浴び、3点を先制されてしまう。その裏、先頭の村松が二塁打を放ち、続く藤澤が四球を選ぶ。ここで戸田が適時二塁打を放ち1点を返す。さらに2つの敵失と布山の適時打で3-3の同点に追いつく。その後も佐藤の犠飛、大渕の適時打などで3点を追加し、6-3とする。2回裏、敵失と藤澤の安打と戸田のバント安打で満塁とする。二死後、布山に2点適時打が出て8-3とリードを広げる。

2回裏、藤澤が寸止め安打を放ち無死一・二塁 バント安打を含む3安打の戸田 救援の藤澤

5回表、一死からバント安打を許すが、次打者を三ゴロ併殺に打ち取り、無失点で凌ぐ。その裏、一死から佐藤の安打と大渕の四球で好機を作るが、後続が凡退し、無得点に終わる。6回裏、村松・藤澤の連続四球から戸田の内野安打と敵失で1点を追加。村上が四球で歩いて満塁とすると、敵失で走者3人が生還し12-3。その後も内野ゴロの間に三塁走者が帰り、1点を追加する。最終回表、3本の安打と3つの四死球で4点を返されるが、13-7で勝利した。

2本の適時打を放った布山 5回裏、佐藤が安打を放つ 大渕ファミリー

先発戸田は5回を投げ、3失点で勝利投手。6回から救援の藤澤は7回に崩れ4失点。打線は10安打を放った。特に戸田はバント安打を含む3安打、布山・大渕も2安打を放った。守備は2失策。ともにイニングの先頭打者を失策で出塁させてしまった。

じょかんの時間(写真)じょかんの時間(字)

掲載まで少々お待ち下さい。

1日(土)はダブルヘッダー

1日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にDEPTさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。DEPTさんは平均年齢30歳のチームだ。この試合は13:00より行われる。
このDEPT戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にZebrasさんを迎え、練習試合を行う予定。Zebrasさんは東京都板橋区を中心に活動する平均年齢22歳のチーム。この試合は15:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する