FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2011年8月6日号

GBN・ドンチャック戦は逆転勝ち
GBNは3勝4敗で全日程終了


ドンチャック戦挨拶

6日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にドンチャックさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部C組第6節の試合を行った。ドンチャックさんとは3年ぶりに同リーグとなった。2008年6月の対戦では、わずか3安打に終わり3-5で敗れている。今回はぜひとも勝利したい。

2安打を放った金井 先発田中 久々参戦の村岡

ドンチャック戦

試合は初回裏、先頭の金井が二塁打で出塁する。一死後、内野安打と2つの敵失などで3点を先制する。2回表、失策と安打などで一死一・三塁とされると暴投で1点を失う。さらに失策で一・三塁とされるが、三ゴロ併殺で切り抜ける。その裏、戸田の四球と金井の安打などで二死二・三塁と好機を作るが、後続が凡退し無得点に終わる。3回表、4安打に失策が絡み、4点を奪われ逆転される。その裏、一死から佐藤・布山の連続四球から一・二塁の好機を作る。しかし後続が凡退、またも無得点で3-5のまま。4回表、3連打を浴び2点を追加され、4点差とされてしまう。その裏、先頭の河本が安打で出塁する。続く村岡・金井・岡の3連続四球で押し出し、1点を返す。その後も佐藤・布山の四死球などで7-7の同点に追いつく。一死後、暴投と戸田の内野安打、敵失で3点を奪う。さらに河本・村岡の連続四球で満塁とするが、併殺で攻撃終了。結局、4回裏終了時に時間切れとなり10-7で逆転勝ちした。

4回裏、河本の安打から反撃開始 4回途中から救援し初勝利の鎌田 4回裏、戸田が内野安打を放つ

先発田中は4回途中まで投げ、与四球はが一つだったが球が真ん中に集まり8安打を浴び7失点。その後救援した鎌田が1回を無失点に抑え、初勝利をあげた。打線のほうは金井が2安打を放ちチーム全体で5安打。相手投手の11与四死球に乗じて10点を奪った。守備は4失策でそのうち2つが失点につながり苦戦の原因となった。これでGBN大会は全日程を終了、3勝4敗だった。しかし、そのうち2勝は不戦勝で実際に対戦していたら結果は違っていたかも知れない。なお、この試合、GBN大会公式記録上は4回裏に8点目を奪ったところでサヨナラ勝ち、8-7となっている。

20日(土)はストロングカップ開幕戦・Earth戦とマーガリンズ戦

20日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にEarthさんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ第2節の試合を行う予定だ。Earthさんは今大会よりストロングカップに参戦し、豊島区を中心に活動するチームだ。この試合は9:00より行われる。
このEarth戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にマーガリンズさんを迎え、練習試合を行う予定。マーガリンズさんとは2009年12月に草魂カップ秋季大会の3回戦で対戦し、大雨の中、3-3の引き分け再試合となった。翌年2月に行われた再試合は1-5で敗れた。今回、ぜひリベンジを果たしたいところだ。この試合は11:00より行われる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する