FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2010年10月23日号

フューチャーズ戦はあと一人で勝利というところで追いつかれ、引き分ける

フューチャーズ戦挨拶

23日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは東綾瀬公園にフューチャーズさんを迎えて、練習試合を行った。16日(土)はダブルヘッダーを連勝したものの、まだチームの借金は6。今年の公式戦はすべて終了したが、一つでも借金を返済し、できれば勝ち越しで今季を終了したいところだ。

1回表、村上が適時打を放ち2-0 1回裏、岡の好送球で二盗を阻止 2回表、田中が適時打を放ち3-0

フューチャーズ戦

試合は初回表、先頭の山崎が死球で出塁する。一死後、適時二塁打が出て1点を先制する。二死後、村上にも適時打が出て2-0とする。2回表、先頭の岡が死球で出塁し、二盗に成功する。一死後、田中が適時打を放ち、1点を追加する。さらに大渕が安打を放ち好機を広げるが、後続が凡退し追加点はあげられなかった。3回表には、敵失と2つの四球で無死満塁の好機を作る。一死後、敵失で4-0とする。4回表、二死から田中が安打で出塁するが、二盗に失敗し無得点。その裏、一死から3連続長短打で2点を返される。

先発山崎 2安打の大渕 2回裏、暴投で突入した三塁走者を刺す

5回表、先頭の大渕が安打で出塁する。その後、山崎が四球を選ぶなど二死満塁とするが、後続が凡退し無得点に終わる。その裏、先頭打者を四球で出すと、2つの盗塁と暴投で1点を失い、3-4と1点差に迫られる。6回裏、一死から四球を与え、二盗を許して一打同点のピンチを招く。二死後、左前打を浴び、さらに左翼手が後逸する間に二塁走者が一気に生還、同点に追いつかれる。打者走者は二塁でタッチアウト、ここで時間切れとなり、4-4で引き分けた。

3回表、敵失で1点を追加 試合後エール

先発山崎は3ヶ月ぶりの登板。8安打を浴び、6与四死球で4失点。久々の登板で、後半は明らかにスタミナ切れだった。一方、打線のほうは6安打。田中と大渕が2安打づつ放った。守備は3失策。初回先頭打者を安打で出した後、岡が二盗を阻止したプレーは大きかった。このプレーで序盤はこちらに流れを呼び込んだ。

6日(土)は東京ベアハンターズ戦と埼京パイレーツ戦
佐藤が通算200打点まであと7


6日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは東綾瀬公園に東京ベアハンターズさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。東京ベアハンターズさんは練馬区を中心に活動しているチームだ。この試合は11:00より行われる。
この東京ベアハンターズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園に埼京パイレーツさんを迎え、練習試合を行う予定。埼京パイレーツさんはさいたま市を中心に活動するチームだ。埼京パイレーツさんとは今年度、GBN大会で同リーグとなり今年3月に対戦している。序盤4-0とリードするが、中盤に3点を返され1点差とされてしまう。その後、最終回に3点を奪い突き放し、7-3で勝利している。今回も接戦が予想される。この試合は13:00より行われる。
なお、佐藤が通算200打点まであと7と迫っている。

駿之介と遥と走毅 もんじゃ屋にて(撮影者GM)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する