FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2019年10月5日号

太陽ライジンズ戦は相手3投手の継投の前にノーヒットノーランを喫する
中盤まで互いに無得点も、終盤に長打を浴び力尽きる


太陽ライジンズ戦挨拶

5日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に太陽ライジンズさんを迎えて、練習試合を行った。太陽ライジンズさんは東京都中野区を中心に活動する、高校野球経験者が2割を占める20~40代のチームだ。


厄介な二人 先発相澤

太陽ライジンズ戦

試合は初回裏、連続安打で無死一・二塁のピンチを招くが、牽制で二塁走者を刺し、この回無失点に抑える。2回表、二死無走者から金井が四球で歩くが、後続が凡退し無得点に終わる。その裏、、安打と2四死球などで一死満塁とされるが、無失点で凌ぐ。3回表、先頭の戸田が四球を選ぶ。しかし、またも後続が凡退、先制できず。4回表、先頭の山口が四球で歩くが、併殺で好機を潰す。両チーム無得点で迎えた5回表、先頭の信夫が四球で歩き、二盗に成功。二死後、伊藤幸も四球を選び一・三塁とするが、先制できなかった。その裏、先頭に二塁打を許すと、2点本塁打を浴びてしまう。6回裏、失策から3本の長短打で3点を失い0-5。7回表、3人で攻撃を終わり無安打無得点で試合終了。0-5で敗れた。

3回から登板の安田 試合後エール

先発相澤は2回を投げ、3安打2四死球とピンチを招くが、要所を締め無失点。3回から登板の安田は5安打1四球で5点を失い敗戦投手。打線のほうは相手3投手の前に無安打無得点試合を喫した。走者を得点圏に進めたのは5回の一度だけ。好機を作ることさえできなかった。守備は3失策。これでチームは3連敗。

12日(土)はウイニングチケット戦
信夫が通算100盗塁まであと2、村上が通算200打点まであと4、安田が通算100安打まであと6


12日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは北朝霞公園でウイニングチケットさんと練習試合を行う予定だ。ウイニングチケットさんとは過去10戦10勝。2002年8月に行われたGBN大会では、田中が完封し4-0で勝利。2007年3月に行われた同大会では18-0で大勝している。2010年6月の同大会では6-3で辛くも勝利。2013年7月に行われた同大会では戸田が完封し13-0で大勝。2014年6月に行われた同大会では安田が好投、5-1で勝利している。2014年10月に行われた練習試合では、安田が無四球完封で7-0と勝利を飾っている。2015年9月の練習試合では13安打で15点を奪い15-1と大勝し、2016年5月の練習試合では伊藤永が9イニング完投、13-6で勝利している。2017年6月の練習試合では、鎌田が2本の本塁打を放ち13-5で勝利している。昨年10月の練習試合では、6-4で逃げ切っている。過去の試合からはこちらが有利に見えるが、全く油断できない相手だ。この試合は12:30より行われる。
なお、信夫が通算100盗塁まであと2、村上が通算200打点まであと4、安田が通算100安打まであと6とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト