FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2015年6月27日号

ストロングカップ・構研バッカス戦は安田が1失点完投、鎌田が2本の適時打で4打点
チームの連敗は6でストップ、ストロングカップ今季4試合目で初勝利!


構研バッカス戦挨拶

27日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に構研バッカスさんを迎えて、ストロングカップ土曜大会2部リーグ埼京地区Cブロック第5節の試合を行った。構研バッカスさんとは過去4試合行い、2勝2敗。だが、練習試合で2勝、ストロングカップで2敗と、ストロングカップとしては一度も勝ったことがない。特に2007年5月のストロングカップでは思い出したくないくらいの悲劇を味わっている。7-3と4点リードで迎えた最終回表、先発田中は簡単に二死を取り、完投勝利まであと一人。ここから3連続四球を与え、2点適時打を浴び7-5。再び四球を与え満塁としたところで田中から山崎にスイッチ。内野安打で1点差とされ、満塁本塁打を浴び7-10と大逆転負けを喫する。2007年8月12月の練習試合は勝利するが、2009年6月のストロングカップでは、15点を失い大敗を喫している。今回6年ぶりの対戦となるが、何とか今季のストロングカップ初勝利、そして構研バッカス戦の公式戦初勝利、さらに現在のチームの連敗を止めたいところだ。

2本の適時打で4打点の鎌田 先発安田 適時打を含む2安打の佐藤

構研バッカス戦

試合は初回表、一死から敵失と鎌田の死球で好機を作るが、後続が凡退し無得点に終わる。2回表、二死から村上が安打を放つが、一・二塁間で挟まれタッチアウトとなる。3回表、一死から四球と金井の二塁打で二・三塁と先制の好機。二死後、鎌田に2点適時二塁打が出て先制する。さらに佐藤にも適時打が出て、3-0とする。その裏、安打と盗塁、内野ゴロで一死三塁のピンチを招くが、無失点に抑える。4回表、連続四球で無死一・二塁とするが、後続が凡退、追加点は奪えず。5回表、田中の四球と佐藤の安打、信夫の四球などで二死満塁とするが、またもあと1本が出ず、3-0のまま。6回裏、一死から二塁打を浴びる。次打者の外野ゴロの間に二塁走者が一気に生還し、1点を返される。3-1で迎えた7回表、金井・田中の連続四球に捕逸、暴投、盗塁などが絡み無死二・三塁とする。ここで鎌田が2点適時打を放ち、5-1とする。一死後、戸田の四球と信夫の死球で満塁とし、暴投で1点を追加する。結局、このまま6-1で勝利した。

2回表、村上が安打を放つが、一・二塁間で挟まれタッチアウト 3回表、金井が二塁打を放ち一死二・三塁の好機 3回表、戸田が安打を放つ

先発安田は相手打線を5安打に抑え、2四球・2奪三振で1失点完投勝利。今季6勝目。一方、打線のほうは7安打。そのうち鎌田と佐藤が2安打ずつ放った。特に5回から登板した速球投手に、9つのアウトのうち8つが三振と苦戦する一方、6四死球を選び好機を作った。守備のほうは1失策。全員よく守った。これでストロングカップは1勝3敗で、ダイアースさんとの対戦を残すのみとなった。チームの連敗も6でストップ、勝率を5割に戻した。また構研バッカスさんとの対戦成績も3勝2敗と一つ勝ち越した。

試合後エール

4日(土)はピクシーズ戦
佐藤が通算300安打まであと5、チーム通算600試合まであと7


4日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にピクシーズさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。ピクシーズさんはチーム結成15年目で、平均年齢40歳前後のチームだ。この試合は13:00より行われる。
なお、佐藤が通算300安打まであと5と迫っている。
スポンサーサイト