FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2014年12月23日号

チーム結成15周年記念式典&2014年度納会!
鎌田が2年ぶり2度目の三冠王
岡の盗塁王は6年連続11度目


2014年度納会全員写真

23日(火・祝)、ホテル第一イン池袋・宴会場「アゼリア」でチーム結成15周年記念式典兼2014年度ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズ納会が行われた。今回は20名(子供を入れると25名)が出席した。戸田の乾杯で納会はスタート。その後、個人タイトルの発表ならびに表彰式が行われた。

鎌田が2年ぶり2度目の三冠王 盗塁王の岡 通算100奪三振表彰の安田

注目の打撃4冠だが、鎌田が首位打者、本塁打王、打点王の三冠を獲得した。打率は前半、村松と競っていたが終盤に村松が失速、最終的にはチームで3割を達成した者は鎌田しかいなかった。鎌田は.383という高打率で首位打者を獲得した。本塁打は最終戦で岡に1本差まで迫られるものの、逃げ切った。打点は後半まで佐藤と競り合う展開。終盤、好機に確実に走者を返す鎌田と、好機で1本が出ない佐藤で明暗が分かれた。鎌田は2012年に続き、2度目の三冠王。1年おきに好不調の波があり、来季、そのジンクスを破れるか注目だ。岡の盗塁王は毎年指定席。しかし参加試合数が例年より少ないとはいえ、岡にとって26盗塁はちょっとさみしい。最多四死球は金井、最多犠打は田中が獲得。最多出塁は鎌田、岡、田中、金井が33個で並び4人同時受賞。結局、打撃の全タイトルはこの4人だけで占めた形となった。また、今季通算300安打を達成した村上、通算100奪三振を達成した安田も表彰された。

受付 スペシャルゲスト登場も大ブーイング 15年目で初めて幹事をやった田中

戸田の乾杯挨拶 乾杯!

納会の冒頭、スペシャルゲスト登場のアナウンスがあり、全員が開くドアに注目した。今季は助っ人として参戦ゼロだった課長が登場、ブーイングに包まれ苦笑いを浮かべるしかなかった。そのほか納会では、「第3回ナッパカルトQ」「レディース会企画」「審判賞発表」「選手復帰記者会見」などが行われた。

テーブル1 料理

テーブル2 坂本登場で二度目の乾杯

 テーブル3 密談

まず「選手復帰記者会見」では、来季より藤澤が本格復帰することが発表された。藤澤は2015年の抱負を語った。さらに、来季より鎌田の背番号が28から10へ変更となることも発表された。10へ変更されたユニフォームに早速、袖を通した。その後、白石氏より「審判賞」の発表があった。岡と戸田で最後まで迷ったとのことだったが、最終的には岡に決定した。賞品はメジャースタイルのキャッチャーマスク。今季いっぱいで練馬区軟式野球連盟を脱退するため、J.S.B.B.の縛りもなくなり、来季は使用可能となる。岡はすぐに試着、白石氏に頭突きを見舞わせた。

来季より本格復帰を表明した藤澤 来季より鎌田が背番号10へ変更 審判賞授与

今季、公式戦が終了した9月27日~12月6日の試合で、「得点数がイニング数を上回った場合はチームでバットを購入」という目標を立て、その結果が発表された。結局、57イニングで47得点と10点足りず、チームのバットはお預けとなった。

ユーコ かなこ ナイナイ

かずえ GM 阿曽がヘルメットを獲得

参加者全員に景品が当たる抽選を実施した。しかし、一つだけハズレがあった。中古のヘルメットだ。練馬区軟式野球連盟脱退にあたり、コーチャー用ヘルメットが不要となった。9月に田中がメンバーに希望者を募ったが、誰も名乗り出ず、処分に困っていたヘルメットだった。今回、阿曽が見事そのヘルメットを獲得した。阿曽は喜びを隠しきれず、納会でかぶっていた。また、今季1試合でも参戦した選手には、今季の全試合の中で自分が写っている写真すべてをCDにして渡された。

しゅん けいた あや

こうめ そうき 村松は大量のアクエリアスをゲット

そして、「チーム結成15周年記念・第3回ナッパカルトQ」が行われた。ナッパ・カルトQは5周年記念の時に第1回10周年記念の時に第2回がそれぞれ行われ、今回も5年ぶりの開催だ。前回優勝の「J・ユーコチーム」は今回も同じ組み合わせで登場。村上はかなことペアを組み、「みきと・かなこチーム」で悲願の優勝を狙う。前回、岡と組んだ阿曽は金井と組み、「あそ・キャプテンチーム」で挑む。10年前、誰も暴走を止められなかった「おか・さかもチーム」が復活。放送禁止用語続出の解答でモザイクが必須アイテムだ。この4チームでチームごとの○×クイズと全11問のカルトクイズに挑戦した。

おか・さかもチーム あそ・キャプテンチーム ナッパカルトQ

みきと・かなこチーム J・ユーコチーム ボケて!!

また¥100で優勝チームを予想して、当たった場合は配当金を受け取れるゲームも並行して行われた。一番人気が「みきと・かなこチーム」で配当金が¥250、前回優勝の「J・ユーコチーム」は配当金が¥400と発表された。

モザイクをかけられる解答 解答中!

予想通り、暴走する二人 解答中!!

「年末定期戦を行っているマリナーズの正式チーム名は?」「2013年10月27日のツインリバーズ戦で、15年の歴史の中でこの時一度しかやったことがないプレーは何?」「今まで7試合以上対戦したことがある11チームを全部挙げよ」など難問が次々と出題された。最終的には着実に点数を伸ばした「みきと・かなこチーム」が優勝し、賞品を手にした。さらに「みきと・かなこチーム」が優勝すると予想した8人に配当金¥250が支払われることになった。

モザイクも意味なし 解答にツッコミを入れる傍観者達 みきと・かなこチームが優勝 

レディースサンタと子供達 レディース会企画!

続いて、毎年納会の目玉である「レディース会企画」が行われた。今回は選手全員がそれぞれゴムの端を噛んで後ろへ下がりながら引っ張り、レディースが逆側の持っているゴムを放す(写真参照)。一人以外はゴムが顔に跳ね返り痛いが、当たりの一人はゴムの逆側に賞品が付いていて跳ね返ってこない。佐藤が商品をゲットした。

レディース会企画!! 佐藤が当たりを引く

納会の終盤、信夫とかずえより重大発表があった。「12月25日に結婚します。」その瞬間、ナッパ伝統のコール「舌入れろ!舌入れろ!」が連呼された。当然の成り行きだ。誰もが通ってきた道だ。これが最大限の祝福だ。6年前に高校生で入団、そしてこの納会で結婚を報告。平成生まれカップルに、昭和の人間たちは目を細めた。

信夫&かずえの結婚報告 舌入れろ! 迫る昭和の男ども

納会の風物詩 渋谷哲平 結婚しようよ

最後はもちろん、村上の締め。何かいろいろと言っていたが、何も記憶していない。おそらく本人も記憶していないはずだ。最終的には「ロング・ヴァージョン3本」で2014年を締めくくった。

村上の締め1 村上の締め2 来季も期待の二人

 村上の締め3 佐藤家

これでザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは2014年度の全日程を終了し、2015年2月半ばに行なわれる開幕戦までチームとしての活動は休止状態となる。

二次会も盛大に
スポンサーサイト