FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2014年11月29日号

29日(土)の南陽ヨカバイズ戦は雨で中止

29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは晴海運動場で南陽ヨカバイズさんと練習試合を行う予定だったが、雨のため中止となった。これで南陽ヨカバイズさんとは2回連続で雨で流れた。

6日(土)は今季最終戦!グローリーズ戦ダブルヘッダー
岡が通算400安打まであと2、佐藤が通算300安打まであと9


6日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは城北中央公園にグローリーズさんを迎え、練習試合2試合を行う予定だ。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチームだ。グローリーズさんとは過去7試合行い、3勝4敗。昨年8月に行われたダブルヘッダーでは、2試合とも大接戦を演じている。第一試合は序盤1-6とリードを許すが、中盤に7-6と逆転に成功。しかし終盤に6点を奪われ8-12で敗れている。第二試合では、3-3の同点となり、延長戦に突入。8回裏、適時二塁打でサヨナラ負けを喫した。昨年11月に行われた試合でも、3-4と1点に泣いた。今年8月の対戦では、安田が好投、戸田が「バントの人」と言われながらもしつこくバントを成功させ、4-1で勝利した。今回も接戦が予想される。第一試合が7イニング制で11:00より、今季最終戦となる第二試合が9イニング制で13:00より、それぞれ行われる。
なお、岡が通算400安打まであと2、佐藤が通算300安打まであと9とそれぞれ迫っている。

通算400安打まであと2と迫っている岡 通算300安打まであと9と迫っている佐藤 バントの人
スポンサーサイト



週刊菜っ葉 / 2014年11月16日号

年末定期戦・マリナーズ戦は初回の5得点で試合を優位に進め勝利
安田は完封を逃すものの、9奪三振の好投


マリナーズ戦挨拶

16日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園でマリナーズさんと練習試合を行った。マリナーズさんとは1999年から毎年末に定期戦を行っている。過去の対戦成績は16勝4敗、2001年12月から14連勝中だった。しかし、昨年の対戦で12年ぶりに敗れた。今年、マリナーズさんには若手二人が入団し、チーム補強を行った。今年も苦戦が予想された。この試合、村岡が昨年10月以来、約1年ぶりに参戦した。

約1年ぶりに参戦の村岡 先発安田 2安打の神田

マリナーズ戦

試合は初回表、一死から神田の二塁打と敵失、佐藤の四球などで満塁とする。暴投で1点を先制すると四球で再び満塁。ここで金井が2点適時打を放ち3-0とする。その後も二死二・三塁とすると、振り逃げから一塁への送球が悪送球となり二者生還、いきなり5-0とリードする。

1回表、金井が2点適時打を放つ マリナーズ先発、山口投手 適時打を含む2安打の益田

3回表、二死から益田が安打で出塁するが、後続が凡退し無得点に終わる。4回表、一死から鎌田の四球と戸田の送りバントで二死二塁とする。ここで、安田・村上の連続適時打が出て、7-0とリードを広げる。

4回表、安田が適時打を放つ 4回表、戸田が送りバントを決める 4回表、村上の適時打で7-0

5回表、先頭の神田が安打で出塁する。盗塁失敗後、岡が安打を放ち、二盗・三盗に成功。二死後、益田に適時打が出て、1点を追加する。6回表、敵失と盗塁で、無死三塁の好機を作る。しかし、後続が凡退し無得点。8-0のまま迎えた7回裏、一死から4安打を浴び、3点を失う。結局、8-3で勝利した。

5回表、岡が安打を放つ 試合後エール

先発安田は5回一死までノーヒットノーランに抑えるなど、9つの三振を奪う好投。7回に3点を失い完封を逃したが、完投で今季5勝目。一方、打線のほうは8安打で8得点。守備は無失策だった。これで、マリナーズ戦の対戦成績は17勝4敗となった。

29日(土)は南陽ヨカバイズ戦
岡が通算400安打まであと2


29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは晴海運動場で南陽ヨカバイズさんと練習試合を行う予定だ。南陽ヨカバイズさんは田中の取引先のチームだ。九州に本社があるため、このようなチーム名となっている。南陽ヨカバイズさんの中心選手、國武氏はストロングカップ1部に所属するチームでも活躍している。この試合は14:00より行われる。
なお、岡が通算400安打まであと2と迫っている。

週刊菜っ葉 / 2014年11月8日号

ブラックソックス遊撃隊戦は大接戦も、失策で自滅し逆転負け
今季の負け越しが決定


ブラックソックス遊撃隊戦挨拶

8日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは上高田野球場でブラックソックス遊撃隊さんと練習試合を行った。ブラックソックス遊撃隊さんは中野区・世田谷区を中心に活動する40歳以上が中心のチームだ。

1回表、先頭の金井が安打で出塁 先発安田 2本の適時打を放った鎌田

ブラックスソックス遊撃隊戦

試合は初回表、先頭の金井が安打で出塁する。一死後、鎌田に適時二塁打が出て先制。さらに野選で1点を追加し、2-0とする。2回裏、二死無走者から3連続長短打で2-2の同点に追いつかれる。3回表、先頭の村上が四球で歩く。二盗と内野ゴロなどで二死三塁とすると、鎌田が適時打を放ち3-2と勝ち越しに成功する。

5回表、先頭の白石が安打で出塁 5回表、安田の二塁打で無死二・三塁の好機 6回表、佐藤が安打を放つ

4回裏、2安打に4失策が絡み、2点を奪われ3-4と逆転されてしまう。5回表、白石の安打と安田の二塁打で無死二・三塁と一打逆転の好機を作る。しかし、浅い外野飛球2本と三振で無得点に終わる。6回表、一死から佐藤が安打を放つ。内野ゴロと暴投で二死三塁とするが、後続が凡退し無得点に終わる。結局、このまま3-4で敗れた。

安田が審判より完投投手賞を受賞 試合後エール

先発安田は5三振を奪うものの、6安打・4失点で敗戦投手。自責点は2だった。なお、試合後に安田は審判から「完投勝利賞」を受け取った。打線のほうは6安打。鎌田が2安打2打点の活躍。5回表の無死二・三塁の好機で1点も取れなかったのが痛かった。守備は4失策。その4失策がすべて4回裏に集中してしまい、逆転を許してしまった。この試合の敗戦で、今季のチーム成績が10勝16敗1引き分けとなり、今季の負け越しが決定した。2010年から5年連続の負け越しとなった。

16日(日)は年末定期戦・マリナーズ戦
岡が通算400安打まであと3


16日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは石神井公園でマリナーズさんと練習試合を行う予定だ。マリナーズさんとは1999年から毎年末に定期戦を行っている。過去の対戦成績は16勝4敗、2001年12月から14連勝中だった。しかし、昨年の対戦で12年ぶりに敗れた。今年、マリナーズさんには若手二人が入団し、チーム補強を行った。今年も苦戦が予想される。この試合は13:00より行われる。
なお、岡が通算400安打まであと3と迫っている。