FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2012年9月8日号

ストロングカップ・BS化成品戦は戸田が1失点完投、2年連続の優勝決定戦進出へ望みをつなぐ
グローリーズ戦は鎌田好投、11点を奪い大勝


BS化成品戦挨拶

8日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にBS化成品さんを迎えて、ストロングカップ壮年マスターズ土曜大会第5節の試合を行った。現在、ストロングカップは2勝1敗で暫定3位。残り2試合連勝し、さらに角川フェニックスさんがシェイカーズさんに勝利した場合、優勝決定戦へ進出できる。BS化成品さんとは昨年9月に対戦し、佐藤の満塁一掃の適時二塁打などで6-3と勝利しているが、昨年はBS化成品さんと同率2位となり、直接対決で勝利しているため、辛くも優勝決定戦へ進出できた。とにかく昨年のように優勝決定戦へ進出するには残る2試合、連勝しなければならない。

適時打を含む2安打の佐藤 1失点完投の戸田 2回裏、田中が2点適時打を放ち3-0

BS化成品戦

試合は初回表、安打と盗塁、送りバントで一死三塁のピンチを招くが、後続を打ち取り無失点で凌ぐ。その裏、金井が四球で歩くと田中が送りバントを決め、一死二塁とする。二死後、佐藤に適時打が出て1点を先制する。2回裏、二死無走者から戸田・村上の連続四球、金井の四球で満塁とする。ここで田中が2点適時打を放ち3-0とリードを広げる。3回裏、先頭の佐藤が内野安打を放つが、後続が凡退し無得点に終わる。4回裏、一死無走者から村上の四球と金井の死球、暴投などで二・三塁と好機を作る。二死後、岡が2点適時二塁打を放ち5-0。さらに佐藤・村岡の連続四球などで満塁とすると、河本に2点適時二塁打が出て7-0と突き放す。6回表、先頭打者に二塁打を浴びるが、無失点に抑える。その裏、先頭の岡が打撃妨害で出塁。二盗などで一死三塁とすると、村岡に適時打が出て1点を追加する。7回表、一死無走者からソロ本塁打を浴び1点を返されるが、8-1で勝利した。

4回裏、岡が2点適時二塁打を放つ 4回裏、河本が2点適時二塁打を放つ 6回裏、村岡が適時打を放ち8-0

先発戸田は相手打線を4安打に抑え、四球はわずか1つ。最終回に本塁打を浴び、惜しくも初完封は逃したが完投で今季3勝目。打線のほうは7安打。特に得点圏に走者を置いたときは12打数5安打。好機で適時打が多く出て効率よく得点をあげた。しかも無失策試合で、ピンチらしいピンチは初回表と6回表の二度だけだった。これでストロングカップは3勝1敗とし、優勝決定戦進出の可能性を最終戦まで残した。大一番となる超強豪・シェイカーズさんとの対戦は15日(土)に行われる予定だ。このシェイカーズ戦に勝ち、角川フェニックスさんがシェイカーズさんに勝った場合、優勝決定戦進出となる。

グローリーズ戦挨拶

このBS化成品戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは同公園にグローリーズさんを迎え、練習試合を行った。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチームだ。グローリーズさんとは過去2試合対戦し、1勝1敗。2009年9月の初対戦では、田中が相手打線を2安打完封し、2-0で勝利している。昨年7月の対戦では、3回裏以外は一人の走者も出せず、3-9で敗れている。ぜひともこの試合に勝利し、対戦成績2勝1敗と勝ち越したいところだ。

1回表、鎌田が先制2点適時打を放つ 2安打2打点と大活躍の村上 2回表、本橋が満塁走者一掃の3点適時三塁打を放つ

グローリーズ戦

試合は初回表、村上の安打に暴投、戸田の送りバントが敵失を誘い、無死一・三塁とする。一死後、鎌田が2点適時打を放ち先制する。2回表、先頭の岡が三塁打を放つ。一死後、金井が四球で歩き二盗に成功すると、村上に適時打が出て1点を追加する。戸田が四球でつなぎ満塁とすると、本橋に満塁走者一掃の適時三塁打が出て6-0とする。さらに河本にも適時二塁打が飛び出し、1点を加える。3回表、敵失と打撃妨害、盗塁などで無死二・三塁の好機を作る。ここで金井が適時打を放ち1点を追加。さらに村上の犠飛で9-0とリードを広げる。4回表、敵失と河本の四球、野選などで無死満塁とすると敵失で2点を奪う。その裏、一死から四球と内野安打で一・二塁のピンチを招くが、後続を打ち取り無失点で凌ぐ。5回裏にも、二死無走者から失策と安打で一・二塁とされるが、無失点で抑えた。この後、7回表終了時で時間切れとなり、6回終了時のスコア、11-0で大勝した。

2回表、河本が適時二塁打を放つ 先発鎌田 3回表、金井が適時打を放つ

先発鎌田は6回を投げ、2安打、2四球で無失点、今季4勝目をあげた。一方、打線は8安打を放った。そのうち4安打を2回表に集中し、大量点を奪った。守備のほうは3失策。失点にはつながらなかったが、反省材料の一つだ。これでグローリーズ戦は2勝1敗とした。

15日(土)は大一番!ストロングカップ最終戦・シェイカーズ戦など2試合
大渕が通算100盗塁まであと4及び通算300打点まであと6、田中が通算400安打まであと5


15日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に津軽ハンマーズさんを迎えて、練習試合を行う予定だ。津軽ハンマーズさんは平均年齢28歳のチーム。今年2月18日、3月10日にそれぞれ対戦予定だったが、積雪と雨で中止となっていた。この試合は11:00より行われる。
この津軽ハンマーズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは笹目公園へ移動し、シェイカーズさんとストロングカップ壮年マスターズ土曜大会第2節の試合を行う予定だ。シェイカーズさんとは、2006年9月に9イニング制の練習試合を行っている。初回に5点を先制し、その後は最後までゼロ行進。徐々に追い上げられていくものの、5-4で辛くも逃げ切っている。しかし、それは6年前の話。シェイカーズさんの2010年以降のストロングカップでの成績は12勝0敗1分け。ジャパンカップ(全国大会)にも進出している超強豪だ。かなりの苦戦が予想されるが、昨年のように優勝決定戦へ進出するには負けられない一戦だ。このシェイカーズ戦は14:30より行われる。
なお、大渕が通算100盗塁まであと4及び通算300打点まであと6、田中が通算400安打まであと5とそれぞれ迫っている。

スポンサーサイト