FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2012年6月30日号

スタンダーズ戦は初回に3点を奪うものの、その後はゼロ行進で逆転負け
戸田は無四球完投も、守備崩壊で8点を奪われる


30日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは東綾瀬公園にスタンダーズさんを迎えて、練習試合を行った。スタンダーズさんは東京都東部を中心に活動する平均年齢30代後半のチームだ。

スタンダーズ戦

試合は初回表、一死から2安打に失策が絡み2点を先制される。その裏、先頭の村上が死球を受け、続く戸田が送りバント。これが内野安打となり、無死一・二塁。さらに山田が四球を選び満塁の好機を作る。布山の内野ゴロの間に1点、本塁への送球がそれる間に二塁走者も生還し同点に追いつく。続く田中の内野ゴロの間にも1点を追加し、3-2と逆転に成功する。その後も佐藤の安打と岡の打撃妨害で一・二塁とするも、追加点は奪えなかった。3回裏、一死から布山が安打を放ち、二盗に成功するも後続が凡退し、無得点に終わる。4回表、失策と送りバントなどで二死二塁とされる。ここで適時打を浴び、3-3の同点に追いつかれる。その裏、金井が内野安打を放つが後続がが凡退、勝ち越すことはできなかった。5回表、3安打に2失策、スクイズなども決められ4点を奪われる。6回表にも、2本の二塁打で1点を追加される。その裏、二死無走者から金井が安打で出塁するが、二盗に失敗し無得点。結局、このまま3-8で敗れた。先発戸田は無四球も9安打を浴び8失点で敗戦投手。一方、打線のほうは相手先発投手の立ち上がりを攻め3点を奪うも、2回以降は相手先発投手が立ち直って素晴らしい投球を見せ、全く好機を作れなかった。内野安打2本を含め、チーム全体でわずか5安打だった。守備のほうはひどかった。6失策。戸田の自責点は1なので、失策がなければと悔やまれる試合だった。

7日(土)はGBN・プロパティーズ戦など2試合
布山が通算100打点まであと2、チーム通算500試合まであと4、大渕が通算100盗塁まであと5及び通算300打点まであと6


7日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園にプロパティーズさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部A組第6節の試合を行う予定。プロパティーズさんとは過去2度対戦し、勝ったことがない。2009年4月の対戦では、岡と大渕に本塁打が飛び出すものの、3-7で敗れた。2010年5月の対戦では、1-7で迎えた最終回裏、大渕の3点本塁打などで追い上げるが届かず、5-7で敗れている。今回も苦戦が予想される。接戦に持ち込めば、勝機はある。この試合は11:00より行われる。
このプロパティーズ戦後、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは引き続き同公園にクラブネッツさんを迎え、練習試合を行う予定だ。クラブネッツさんは創部1年余り、渋谷区4部に所属している年齢層20~40代のチームだ。この試合は13:00より行われる。
なお、布山が通算100打点まであと2、チーム通算500試合まであと4、大渕が通算100盗塁まであと5及び通算300打点まであと6とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト