FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2011年6月19日号

GBN第4節・角川フェニックス戦は最悪のコンディションの中、初回の2点だけで逆転負け
決勝トーナメント進出は絶望的に


角川フェニックス戦挨拶

18日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは光が丘公園に角川フェニックスさんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部C組第4節の試合を行った。角川フェニックスさんは現在同リーグ3勝0敗で暫定首位に立っている強豪だ。しかし、試合開始2時間前から雨が強くなり、グラウンド状態は最悪。雨の降る中、田んぼ状態のグラウンドで試合は始まった。

1回表、鎌田が安打を放つ 先発田中 1回表、布山が先制適時打を放つ

角川フェニックス戦

試合は初回表、簡単に二死を取られるが、敵失の後、鎌田・布山・大渕の3連打で2点を先制する。2回表、先頭の村上が四球で出塁するが、後続が併殺などで凡退、無得点に終わる。その裏、四球と安打、死球で無死満塁のピンチを招く。その後、二死を取るが痛恨の押し出し四球で1点を失う。3回表、一死から河本が安打で出塁し、続く岡が二塁打を放ち二・三塁とする。しかし、後続が凡退しまたも無得点に終わった。

1回表、大渕が適時打を放ち2-0 岡は二塁打を含む2安打 2回裏、無死満塁で大渕がゴロを捕球し本塁封殺

その裏、5安打を集中され3点を奪われ2-4と逆転を許す。4回表、二死無走者から村上の四球と田中の安打で一・三塁と攻めるが、後続が凡退、2-4のまま。5回表、二死無走者から岡が安打で出ると、足元が最悪の中、二盗・三盗に成功。しかし無得点に終わる。結局、6回裏途中で日没コールドとなり、5回終了時点の2-4で敗れた。

3回表、河本が安打を放つ 2回裏、二死満塁で村上が飛球を好捕 4回表、田中が安打を放つ

先発田中は2ヶ月ぶりの登板だったが、5回を投げ8安打・3四死球で4失点。今季まだ勝ち星なしの5敗目。一方、打線のほうは7安打。しかし、相手投手に要所を締められ初回の2点だけに終わった。守備のほうはこの悪条件の中、無失策だった。これでGBNは1勝3敗となり、決勝トーナメント進出は絶望的となった。

翌19日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは北大泉球場でシルバーフォックスさんと練馬区秋季大会1回戦の試合を行う予定だったが、雨によるグラウンド不良で中止となり、26日(日)の同時刻・同球場へ順延となった。これで今季の中止は早くも7試合目。

じょかんの時間(写真)じょかんの時間(字)

またも初回のみ。まったく同じ。
守備は失策ゼロと書かれているが外野からの悪送球で無駄な進塁をあたえている。
以前ここで指摘したことなのに残念だ。
次はいよいよ練馬区大会しまった試合内容で勝利をもぎとりたいところだ。

25日(土)はGBN第5節・鬼道衆戦
26日(日)練馬区大会1回戦・シルバーフォックス戦
佐藤が通算200打点まであと2


25日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは浮間公園に鬼道衆さんを迎えて、GBN関東大会メジャーリーグ3部C組第5節の試合を行う予定だ。鬼道衆さんとは今回で18回目の対戦。過去の対戦成績は7勝8敗2引き分け。今年2月に行われた練習試合では、初回に2点を先制するものの逆転負けを喫している。今回も接戦が予想される。この試合は13:00より行われる。
翌26日(日)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは北大泉球場でシルバーフォックスさんと練馬区秋季大会1回戦の試合を行う予定。春季大会は初戦敗退。秋季大会はまず1勝したい。この試合は9:00より行われる。
なお、佐藤が通算200打点まであと2と迫っている。
スポンサーサイト