FC2ブログ

週刊菜っ葉 / 2020年2月15日号

メンバー募集のお知らせはこちら

いよいよ2020シーズン開幕!
29日(土)はグローリーズ戦
村上が通算200打点まであと4、安田が通算100安打まであと4、安田が通算500奪三振まであと6


29日(土)、ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは赤塚公園にグローリーズさんを迎えて、9イニング制の練習試合を行う予定だ。グローリーズさんは年間80~100試合を行うチーム。グローリーズさんとは過去24試合行い、12勝9敗3引き分け。勝ち越してはいるが、ほとんどが接戦だ。2017年9月に行われたダブルヘッダーでは、第一試合は0-8で完敗するものの、第二試合は2回を終わって6-8と壮絶な点の取り合い。その後も互いに加点し7-10で敗れている。2018年12月の対戦では、2点を先制されるものの、6回表に3点を奪い逆転に成功。しかしその裏、2点を失って逆転され、そのまま3-4で敗れた。昨年3月の対戦では、2-6とリードされるものの、終盤に4点を返し6-6で引き分けている。昨年12月の対戦は藤澤が10年半ぶりに先発、その後も相澤~安田とつなぎ完封リレー。5-0で勝利している。今回も接戦が予想される。この試合は13:00より行われる。
なお、村上が通算200打点まであと4、安田が通算100安打まであと4、安田が通算500奪三振まであと6とそれぞれ迫っている。
スポンサーサイト



2020 試合回顧 (0勝0敗)

.

週刊菜っ葉 / 2019年12月21日号

2019年度納会!
伊藤幸が入団19年目で悲願の打撃タイトル、しかも三冠王
岡の盗塁王は11年連続16度目


全員写真

21日(土)、ホテル第一イン池袋・宴会場「アゼリア」で2019年度ザ・ミッドサマー・キッドナッパーズ納会が行われた。今回は当初12名の出席予定だったが、伊藤幸が急遽会場に駆けつけ13名が出席した。信夫の乾杯で納会はスタート。その後、個人タイトルの発表ならびに表彰式が行われた。

ウェルカムボード 乾杯の挨拶をする信夫 課長のTシャツを着た課長
配膳のお姉さん テーブル

注目の打撃4冠だが、首位打者は.385で伊藤幸が獲得した。伊藤幸は入団19年目で初の打撃タイトル。今季は戸田が6月まで打率4割をキープ、伊藤永も安定して打率3割をキープしていた。ただ、その上を行ったのが伊藤永の父、伊藤幸だった。昨季は伊藤幸が5月まで打率4割をキープしていたが途中で失速。今季は特にスランプに苦しむことなく、最終的には打率.385を記録した。
本塁打王は伊藤幸と村松が1本で分け合った。ただ、二人とも柵越え本塁打を放っての受賞。当然ながら、この二人にはランニング本塁打は考えられない。特に伊藤幸の道満グリーンパークでの本塁打は圧巻だった。打点王も伊藤幸。昨季は開幕8試合で15打点を荒稼ぎしていたが大失速。その後、わずか3打点しか上積みできなかった。今季はシーズン通して好機に強い打撃は他を圧倒した。しかし、回の先頭打者になると打率は非常に低く、全くやる気が見られない。チームの勝利のためにも来季は伊藤幸の前に走者を置かなければならない。記録は18打点。盗塁王は岡。11年連続16度目の受賞。しかし、8月末までは信夫と伊藤永にリードを許していた。終盤、走りまくって数字を積み重ね、22盗塁を記録した。

伊藤幸の長すぎる説教 三冠王の伊藤幸 本塁打王の村松
盗塁王の岡 最多出塁の伊藤永 結婚祝いを受け取る信夫

そのほかのタイトルだが、最優秀得点圏打率は.444で岡が獲得。最多出塁は37で伊藤永、最多犠打は3で戸田がそれぞれ受賞した。また、信夫にチームから結婚祝いが渡された。

ナッパカルトQ司会者の田中 おか課長イチロクチーム みきと信夫チーム
キャプちん村松チーム 安田猪元チーム 副キャプとわチーム

表彰式後、チーム結成20周年記念式典として「第4回ナッパカルトQ」が行われた。「ナッパカルトQ」は5年ごとに行われるクイズ大会。毎回難問が出題される。前回優勝の村上は信夫と組み「みきと・信夫チーム」で、金井は村松を組み「キャプちん・村松チーム」、岡は課長と伊藤幸の3人で組み「岡・課長・イチロクチーム」、戸田は伊藤永と組んで「副キャプ・とわチーム」、安田と猪元で「安田・猪元チーム」の計5チームが全11問のカルトクイズに挑み、優勝を争った。また前回と同様、¥100で優勝チームを予想して、当たった場合は配当金を受け取れるゲームも並行して行われた。1番人気は「みきと・信夫チーム」で配当金が¥200、「キャプちん・村松チーム」が2番人気で配当金が¥300と発表された。

ウーロンハイおかわり ナッパカルトQ
アキレス腱ではなくふくらはぎです 四択問題 2魔封波

「2015年に初めて行われた合宿で宿泊した旅館の名前は何?」「2007年4月の光が丘Walkers戦で試合開始時の挨拶寸前にあることが起きて10分程度試合開始を遅らせたが、その理由は?」「今まで20試合以上行なった球場の中で、勝率が一番高い球場は?」「田中は20年間で通算259盗塁を記録しているが、そのうち1個だけは田中が実際に走らずに盗塁1を記録。それはなぜ?」そして毎回恒例の一発逆転がある複数解答の最終問題「今まで8試合以上対戦したことがある9チームを挙げよ」などが出題された。

答えは城北中央です ナッパカルトQ優勝チーム
賞品を手にする村上 賞品を手にする信夫 もう一つの優勝賞品の雪駄

最後の問題を残し、「キャプちん・村松チーム」が他の4チームを1ポイントリードしていたが、最後の問題で「みきと・信夫チーム」が逆転して優勝、賞品の雪駄、ワインなどを受け取った。村上は2回連続の優勝。準優勝チームの「岡・課長・イチロクチーム」はぬか漬けの素、「副キャプ・とわチーム」はCDをそれぞれ受け取った。

ナッパカルトQ準優勝チーム 準優勝チームの賞品を受け取る伊藤永 助っ人で参加の関

村上の締め1 村上の締め2

最後はもちろん、村上の締め。今年も普通の「ロング・ヴァージョン3本」で2019年を締めくくった。普通の「ロング・ヴァージョン3本」は3年連続。なかなか「スペシャル・ロング・ヴァージョン3本」のテンションまで持っていけないのは、最近の納会出席者の少なさが原因と思われる。

二次会 安田と店員 三次会

これでザ・ミッドサマー・キッドナッパーズは2019年度の全日程を終了し、2020年2月29日(土)に行われる予定の開幕戦までチームとしての活動は休止状態となる。